2005.12.16

ココを押さえろ! サプリと上手く付き合おう−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 国民の3割がサプリメントを常用している時代。医師に隠れて患者がサプリメントを飲んでいる可能性は高い。だが、「たかが食品」と軽視していると、思いもよらぬ薬との相互作用に悩まされることにもなりかねない。高脂血症や高血圧症、糖尿病などの患者がよく飲んでいるサプリメントと、その副作用や薬との相互作用を探るとともに、サプリメントを日常診療に活用するためのコツを紹介する。

 日経メディカル12月号では、「ココを押さえろ! サプリと上手く付き合おう」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

特集
 2005 医療界早わかり

 今年、最も一般紙をにぎわせたのが、アスベストによる中皮腫などの健康被害。全国各地で続々と被害が明るみになり、国民の不安は募るばかりだ。昨年に引き続き、鳥・新型インフルエンザ関連の話題も紙面に踊った。「パンデミック間近か」との声もあり、今後も目が離せない。インフルエンザ関連では、昨シーズンの大流行も大きく報じられた。医師不足、医療制度改革、個人情報保護、混合診療、医師免許制度の見直し、臨床研修必修化─。制度にかかわるテーマも年間を通じて話題に。現在、議論の真っ只中にあるのが、来年の制度改革。その行方が注目されるところだ(本誌2006 年1月号で特集の予定)。盛りだくさんの話題の中から、アスベスト被害、新型インフルエンザ、個人情報保護のその後を追った。

トレンドビュー
・活用されない家庭血圧
・ピークフロー不要の喘息管理
・t-PA 登場で変わる脳卒中診療
・月経時の片頭痛に一工夫
・患者の悩み、医者のホンネ

診療アップデート
 感染症治療を見直す

 詳しくは、日経メディカル12月号(12月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176