2005.12.16

日経DIテスト2、薬剤師に必要な臨床能力を問う50題−−日経DIの特集

最新号表紙画像 今年も特別企画「日経DIテスト」をお送りします。前回と同様、最近1年間の本誌に掲載した記事に関連した内容を中心に出題しました。インターネットとも連動し、Web上で問題を解けば、その場で得点が表示されます。ぜひ挑戦して、知識のブラッシュアップに役立ててください。

 日経ドラッグインフォメーション12月号の特集は、「日経DIテスト2、薬剤師に必要な臨床能力を問う50題」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート 
 「タミフルで突然死」って本当? 異常行動はインフルエンザ脳症でも発現

 タミフル服用後に異常行動、そして突然死−−。11月に民間の医薬品監視機関が、そんな症例を小児科関連学会で報告し、物議をかもしている。現段階では、死亡との因果関係を示す明白な根拠はないとする見方が強いものの、インフルエンザ脳症でも異常行動や突然死を引き起こす可能性はある。患者には、意識障害などの初期症状の説明と「子供から目を離さない」という服薬指導の徹底が求められる。

DIクイズ:服薬指導
 アトピー性皮膚炎の兄弟に出されたプロトピック軟膏
DIクイズ:処方せんを読む
 不妊症患者に糖尿病治療薬が処方された理由
DIクイズ:処方せんを読む
 パーキンソン病治療薬が変更された患者
DIクイズ:疑義照会
 H2ブロッカー服用中に処方された抗真菌剤

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション12月号(12月10日発売)をお読み下さい。
 定期購読は、オンラインでもお申込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正