2005.12.14

びまん性大細胞型リンパ腫対象の分子標的抗がん剤フェーズ1試験、イーライリリーが国内で実施中

 日本イーライリリーはプロテインキナーゼC(PKC)βの阻害剤であるEnzastaurinのフェーズ1臨床試験を国内で開始していることをこのほど明らかにした。Enzastaurinは米Eli Lilly社初の分子標的抗がん剤。PKCβを阻害することで血管新生を抑制するとともにAKT/P13経路を阻害してがん細胞にアポトーシスを引き起こす。

 12月10日から米国アトランタで開催された米国血液学会で、Enzastaurinのびまん性大細胞型リンパ腫を対象にしたフェーズ2臨床試験で有望結果が得られたことが発表されている。フェーズ2試験は、平均で2件の別の治療法を受けたことがあるが再発した55人の患者を対象に行われた。患者は経口で当初は525mg、その後、用量変更し、500mgを1日1回、病状が悪化するか毒性の問題が発生するまで投与を受けた。その結果、55人中12人(22%で病気が進行しなかった期間が2カ月維持できた。さらに12人中3人は1年半から3年以上病気が進行しない状態を維持することができたという。

 患者は全般的にEnzastaurinの投与に忍容性を示したが、7例でグレード3の副作用が報告された。主な副作用は疲労感、血小板減少、頭痛などだった。

 Lilly社はこの試験結果を受けて、近くフェーズ3試験の患者登録を開始する計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正