2005.12.13

髪が再び生える?! 万有が飲む脱毛症薬を発売

 万有製薬は12月14日、男性型脱毛症薬「プロペシア」を発売する。プロペシアは世界で初めて医師が処方するタイプの男性型脱毛症用内服薬。有効成分の「フィナステライド」の含有量は0.2mgと1mgの2種類ある。保険適用外で、消費者の購入価格は0.2mg錠、1mg錠ともに1錠当たり250円程度になる見込み。

 男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が頭皮に増加すると、脱毛が促されるが、プロペシアを服用すると、DHTの産生が阻害され、脱毛が治まるという。日本で行われた臨床試験では、薄くなった髪が、再び生えてくるといった改善効果が見られたという。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94