2005.12.12

ノバルティスと小野がアルツハイマー型認知症治療薬候補の経皮吸収型リバスチグミン製剤の共同開発と共同販売で提携

 ノバルティス ファーマと小野薬品工業は12月12日、アルツハイマー型認知症の治療薬候補である経皮吸収型リバスチグミン製剤(開発コード:ENA713D)について、日本における共同開発と共同販売を行うことで合意したと発表した。この合意は、ノバルティス ファーマ社がENA713Dの日本における共同開発と共同販売の権利を小野薬品に供与したことによるものだ。

 リバスチグミンは、脳内神経伝達系を活性化するコリンエステラーゼ阻害薬の一種。アセチルコリンの分解酵素であるアセチルコリンエステラーゼ、ブチリルコリンエステラーゼの両方を阻害できる唯一の薬剤だという。アルツハイマー型認知症にはアセチルコリンエステラーゼが関与するだけでなく、病態の進行に伴ってブチリルコリンエステラーゼの関与がより強くなってくることが報告されているという。

 リバスチグミンの経口剤であるエクセロンカプセルは、アルツハイマー型認知症治療薬として1997年にスイスで最初に承認され、現在、70カ国以上で使用されている。経皮吸収型リバスチグミン製剤はアルツハイマー型認知症治療薬としては初の経皮吸収型製剤で、日本では現在ノバルティス ファーマがフェーズ2臨床試験を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25