2005.12.12

ノバルティスと小野がアルツハイマー型認知症治療薬候補の経皮吸収型リバスチグミン製剤の共同開発と共同販売で提携

 ノバルティス ファーマと小野薬品工業は12月12日、アルツハイマー型認知症の治療薬候補である経皮吸収型リバスチグミン製剤(開発コード:ENA713D)について、日本における共同開発と共同販売を行うことで合意したと発表した。この合意は、ノバルティス ファーマ社がENA713Dの日本における共同開発と共同販売の権利を小野薬品に供与したことによるものだ。

 リバスチグミンは、脳内神経伝達系を活性化するコリンエステラーゼ阻害薬の一種。アセチルコリンの分解酵素であるアセチルコリンエステラーゼ、ブチリルコリンエステラーゼの両方を阻害できる唯一の薬剤だという。アルツハイマー型認知症にはアセチルコリンエステラーゼが関与するだけでなく、病態の進行に伴ってブチリルコリンエステラーゼの関与がより強くなってくることが報告されているという。

 リバスチグミンの経口剤であるエクセロンカプセルは、アルツハイマー型認知症治療薬として1997年にスイスで最初に承認され、現在、70カ国以上で使用されている。経皮吸収型リバスチグミン製剤はアルツハイマー型認知症治療薬としては初の経皮吸収型製剤で、日本では現在ノバルティス ファーマがフェーズ2臨床試験を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0