2005.12.12

ノバルティスと小野がアルツハイマー型認知症治療薬候補の経皮吸収型リバスチグミン製剤の共同開発と共同販売で提携

 ノバルティス ファーマと小野薬品工業は12月12日、アルツハイマー型認知症の治療薬候補である経皮吸収型リバスチグミン製剤(開発コード:ENA713D)について、日本における共同開発と共同販売を行うことで合意したと発表した。この合意は、ノバルティス ファーマ社がENA713Dの日本における共同開発と共同販売の権利を小野薬品に供与したことによるものだ。

 リバスチグミンは、脳内神経伝達系を活性化するコリンエステラーゼ阻害薬の一種。アセチルコリンの分解酵素であるアセチルコリンエステラーゼ、ブチリルコリンエステラーゼの両方を阻害できる唯一の薬剤だという。アルツハイマー型認知症にはアセチルコリンエステラーゼが関与するだけでなく、病態の進行に伴ってブチリルコリンエステラーゼの関与がより強くなってくることが報告されているという。

 リバスチグミンの経口剤であるエクセロンカプセルは、アルツハイマー型認知症治療薬として1997年にスイスで最初に承認され、現在、70カ国以上で使用されている。経皮吸収型リバスチグミン製剤はアルツハイマー型認知症治療薬としては初の経皮吸収型製剤で、日本では現在ノバルティス ファーマがフェーズ2臨床試験を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トランプ氏に学ぶ!?脂漏性皮膚炎の診かた 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:5
  2. 57歳男性。動悸、呼吸困難 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. もういいッ…!休めッ…! 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:137
  4. ブランク10年の看護師の一言に青ざめた患者 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:34
  5. 「これはやばそうだ」という直感を磨くには 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:29
  6. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:293
  7. X線透視が不要なカテーテル手術を実現 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:214
  8. ハーボニー偽造品が東京都で新たに9本発見 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:539
  9. 25歳男性。胸痛 日経メディクイズ●救急
  10. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:434