2005.12.12

エーザイの抗がん剤候補E7389が他剤無効乳がん患者で有望結果

 エーザイの米国臨床研究子会社であるエーザイ・メディカル・リサーチ社は12月9日、クロイソカイメン由来の海洋天然物ハリコンドリンBに類似した合成化合物であるE7389の他剤無効の乳がん患者を対象に単剤投与したフェーズ2臨床試験で有望な結果が得られたと発表した。同社は、米国San Antonioで開催された乳がんシンボジウムで現在後期フェーズ2試験段階にあるE7389の予備的な試験結果を公表したものだ。

 臨床試験には、28日間を投与期間の1サイクルとして71人の女性患者が登録された。そのうち65人の患者で有効性データ、48人の患者で安全性データが得られた。評価可能患者65人のうち、4サイクルを終了した段階で10例のPR (50%以上の腫瘍縮小効果)が確認され、21例はSDとなった。同社は進行した他剤無効の乳がん患者で約15%の奏効率が得られたことは、新規抗がん剤としての可能性が期待できる結果だとしている。

 E7389の主要な副作用は好中球減少症で、そのほか、軽度から中等度の吐き気、疲労感、脱水症、関節痛、呼吸困難、神経障害などが確認されたとしている。また、血液毒性が原因で試験を中断した症例はなかったという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176