2005.12.09

味の素がコスメブランド「Jino(ジーノ)」から、 唇の保湿力をアップする高保湿成分入り口紅発売

 アミノ酸の原体メーカーである味の素のコスメブランド「Jino(ジーノ)」では、セラミド類似成分と8種類のアミノ酸を配合して、唇の潤いを保つ口紅「アミノファイン ルージュ」(全5色、3360円)を2006年2月26日に発売する。
 
 唇は、皮膚に比べて角質層と表皮が薄く天然保湿成分(NMF)も少ないため、水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい。そのため、乾燥により唇がささくれる、縦ジワが入るなどの悩みを持つ女性が多い。
 
 同商品はその悩みをカバーするため、水溶性で保湿効果を持つ8種類のアミノ酸と、角質層のバリアとして働いて水分を逃がさないセラミド類似成分を配合した。この両方の作用で、唇の角質細胞の弾力を保ち、唇の内側からの水分を保つようにしたという。
 
 唇の角質を柔らかくし、血行を促進、くすみを防ぐのは、アミノ酸のうちアルギニンとPCA(ピロリドンカルボン酸)。バリアを作るアミノ酸セラミド類似成分は同社開発の「エルデュウ」で、それぞれ高い濃度に配合した。
 
 同社の実験では、唇の悩みをもつ女性20人のモニターが同商品を4週間毎日使用したところ、唇の縦ジワの深さが塗布前と比べて4週間後には約40%減少した。これは「保湿することで唇の水分が取り戻され、その結果小さくしぼんでいた細胞がふくらみ、唇全体がふっくらしたためでは」と同社機能製品研究部の大竹草一郎氏は話す。
 
 実際使ってみると、色はきちんと唇に付くのに、付け心地はリップクリームのように滑らかで軽い。

「保湿機能だけでなく、口紅に含まれることが多い鉱物油やパラペン、香料を含まない点も開発のコンセプトのひとつ」と大竹氏。
 
 同社が口紅を発売するのは今回が初めて。冬は口紅を塗ってもカサカサ、あるいは塗るとさらにカサカサになる、という女性に朗報だ。(清水由貴子、日経ヘルス

 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:177
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:34
  5. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:0
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  8. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:152
  9. 専門医機構の新理事長は医学会連合の寺本民生氏 2019年度の専攻医募集は「9月を目指す」 FBシェア数:0
  10. 熱中症で倒れた新撰組沖田総司 病と歴史への招待 FBシェア数:26
医師と医学研究者におすすめの英文校正