2005.12.06

抗精子抗体誘導する避妊ワクチン、3年以内に臨床入りへ

 英Ziva Bioscience社は抗精子抗体を誘導する避妊ワクチンを開発、3年以内にフェーズ1臨床試験の開始を目指していることを明らかにした。同社最高科学責任者であるDeborah Garside氏(写真)がこのほど明らかにしたものだ。

 Garside氏によると、Ziva社のワクチンは精子表面のたんぱく質を複数組み合わせたもの。従来、開発が進められてきた避妊ワクチンよりも効率が良いという。マウスとラットを使ったin vitroとin vivoの実験とヒトの精子を使ったin vitroの実験で効果を確認しているという。まだ、前臨床試験には入っておらず、ごく初歩的な安全性の研究を行っている段階だという。6カ月間から1年間有効期間が続く製品の開発を目指しているという。

 また同社は英GlaxoSmithKline社と英Imperial Collegeから避妊ワクチンに関する技術ライセンスを獲得しているという。Garside氏は元々、英GlaxoWellcome社で生殖医療の研究チームを率いていたが、SmithKline社との合併により誕生したGSK社が生殖医療の研究を中止すると決定したためにZiva社を設立したものだ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476