2005.12.06

Immune Targeting Systems社、高度に保存された配列を用いたインフルエンザ、HIV、HCVワクチンを開発

 英Immune Targeting Systems社(ITS社)は、変異が多く存在するインフルエンザウイルス、HIV、C型肝炎ウイルス(HCV)に対して高い作用を持つワクチンの開発に成功、動物実験で効果を確認したことを明らかにした。

 同社の最高経営責任者であるCarlton Brown氏(写真)が明らかにしたもので、資金確保のメドがつけば、18カ月から24カ月で臨床試験入りできるとしている。インフルエンザワクチンはトリインフルエンザにも効果が期待できるという。

 同社のワクチンの特色はバイオインフォマティクスを利用して、数多くの種類のウイルスの遺伝子配列を解析し、高度に保存されている領域を選び出したところにある。しかも、主要組織適合抗原(MHC)の1と2の両方に呈示されるペプチドを含む30アミノ酸から35アミノ酸からなる合成ペプチドを作製した。合成ペプチドの末端には水をはじくワクチンデリバリー用のベクターを結合させた。開発したワクチンを同社はV-peptidesと呼んでおり、溶液中で安定な球状構造もしくは筒状構造をとることをITS社の研究グループは確認しているという。

 開発したV-Peptidesはマウスを使った実験で、CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞の両方をアジュバンドなしで活性化できることを確認している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127