2005.12.06

Immune Targeting Systems社、高度に保存された配列を用いたインフルエンザ、HIV、HCVワクチンを開発

 英Immune Targeting Systems社(ITS社)は、変異が多く存在するインフルエンザウイルス、HIV、C型肝炎ウイルス(HCV)に対して高い作用を持つワクチンの開発に成功、動物実験で効果を確認したことを明らかにした。

 同社の最高経営責任者であるCarlton Brown氏(写真)が明らかにしたもので、資金確保のメドがつけば、18カ月から24カ月で臨床試験入りできるとしている。インフルエンザワクチンはトリインフルエンザにも効果が期待できるという。

 同社のワクチンの特色はバイオインフォマティクスを利用して、数多くの種類のウイルスの遺伝子配列を解析し、高度に保存されている領域を選び出したところにある。しかも、主要組織適合抗原(MHC)の1と2の両方に呈示されるペプチドを含む30アミノ酸から35アミノ酸からなる合成ペプチドを作製した。合成ペプチドの末端には水をはじくワクチンデリバリー用のベクターを結合させた。開発したワクチンを同社はV-peptidesと呼んでおり、溶液中で安定な球状構造もしくは筒状構造をとることをITS社の研究グループは確認しているという。

 開発したV-Peptidesはマウスを使った実験で、CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞の両方をアジュバンドなしで活性化できることを確認している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54