2005.12.06

東レとDNA研、高性能DNAチップの共同開発で合意  

 東レ(本社:東京都中央区)とDNAチップ研究所(神奈川県横浜市、以下DNA研)は12月5日、東レが開発したDNAチップ基板とDNA研が独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)ゲノムファクトリー研究部門と協力して開発したオリゴDNA合成及び設計技術を組み合わせたDNAチップの共同開発に合意したと発表した。

 東レが開発したDNAチップ基板は、従来のDNAチップの10倍の速度と最高で100倍の感度を示し、高い再現性と定量性を持つ。一方、DNA研は産総研ゲノムファクトリー研究部門と協力して、基板に搭載する遺伝子を安価で高純度かつ、より強く基板に結合する特殊なオリゴDNAを開発し、その設計においても、遺伝子情報の精度を高めることができる特異性と反応性の高い技術を東大新領域創成科学研究科教授の森下真一氏と共同で開発してきた。

 今回の共同開発では、出芽酵母の全遺伝子(約6000)を搭載した網羅型チップを来年4月に上市する予定で、並行して1〜3万のヒト遺伝子を搭載した網羅型チップの共同開発も進め、「研究用途」のDNAチップ事業を拡大していくという。さらに、東レのDNAチップ基板の高い再現性・定量性と双方の疾患関連遺伝子探索の成果を活かして、2年後の上市を目処に、癌や生活習慣病などをターゲットにした「検査・診断用途」のDNAチップを視野に入れ、共同開発を計画中。10年後には売上高1000億円以上が期待できるDNAチップの市場を狙う。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108