2005.12.06

バーチャル大腸内視鏡+画像診断ソフトで光学内視鏡並み精度で大腸腺腫を検出――米国の研究

 CTコロノグラフィ(CTC)はバーチャル大腸内視鏡とも呼ばれる。これに画像診断ソフトウエアを組み合わせてスクリーニングに用いたところ、従来の大腸内視鏡検査とほぼ同等の精度で、大腸腺腫を検出できるという研究成果が報告された。米国立衛生研究所(NIH)の研究グループが、約800人を対象に試験を行い明らかにしたもの。この検査法は、内視鏡検査より侵襲性が低く、患者の負担も小さい。同研究グループのRonald M. Summers氏は、「より多くの人が(大腸がんスクリーニングの)検査を受けやすくなるような方法を探し、完成させることが重要だ」としている。

 同氏らは、792人の被験者に対し、CTCと画像診断ソフトによる検査と、従来の大腸内視鏡による検査を併せて行い、比較した。その結果、直径10mm以上の腺腫の検出率は、CTC検査では89.3%、内視鏡検査では85.7%だった。直径8mm以上の腺腫について見てみると、その検出率はCTCでは85.4%、内視鏡では89.6%という結果が得られた。

 CTCにおける擬陽性率は、直径10mm以上の線種スクリーニングの場合、被験者1人あたり平均2.1カ所だった。また、大腸がんについては、CTCでは2人検出できたのに対し、内視鏡では1人だった。

 Summers氏は、多数の被験者を対象に行った試験でCTCによる検査成績が良好であったことから、「(同検査法は)確固とした技術だと言える」と語った。同氏はまた、この検査法は将来臨床現場で実用可能だと確信しているが、今後、臨床環境での更なる試験が必要だとしている。

 詳しくはNIHのニュースリリースを参照。この試験結果の原著は、Gastroenterology誌2005年12月号に掲載予定で、現在、同誌Webサイトに電子版が早期掲載されている。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
  2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
  3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
  5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
  7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
  8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
  9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
  10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正