2005.12.06

バーチャル大腸内視鏡+画像診断ソフトで光学内視鏡並み精度で大腸腺腫を検出――米国の研究

 CTコロノグラフィ(CTC)はバーチャル大腸内視鏡とも呼ばれる。これに画像診断ソフトウエアを組み合わせてスクリーニングに用いたところ、従来の大腸内視鏡検査とほぼ同等の精度で、大腸腺腫を検出できるという研究成果が報告された。米国立衛生研究所(NIH)の研究グループが、約800人を対象に試験を行い明らかにしたもの。この検査法は、内視鏡検査より侵襲性が低く、患者の負担も小さい。同研究グループのRonald M. Summers氏は、「より多くの人が(大腸がんスクリーニングの)検査を受けやすくなるような方法を探し、完成させることが重要だ」としている。

 同氏らは、792人の被験者に対し、CTCと画像診断ソフトによる検査と、従来の大腸内視鏡による検査を併せて行い、比較した。その結果、直径10mm以上の腺腫の検出率は、CTC検査では89.3%、内視鏡検査では85.7%だった。直径8mm以上の腺腫について見てみると、その検出率はCTCでは85.4%、内視鏡では89.6%という結果が得られた。

 CTCにおける擬陽性率は、直径10mm以上の線種スクリーニングの場合、被験者1人あたり平均2.1カ所だった。また、大腸がんについては、CTCでは2人検出できたのに対し、内視鏡では1人だった。

 Summers氏は、多数の被験者を対象に行った試験でCTCによる検査成績が良好であったことから、「(同検査法は)確固とした技術だと言える」と語った。同氏はまた、この検査法は将来臨床現場で実用可能だと確信しているが、今後、臨床環境での更なる試験が必要だとしている。

 詳しくはNIHのニュースリリースを参照。この試験結果の原著は、Gastroenterology誌2005年12月号に掲載予定で、現在、同誌Webサイトに電子版が早期掲載されている。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27