2005.12.01

アステラス、米ゼノポート社とXP13512のライセンス契約を締結

 アステラス製薬は米国ゼノポート社から、疼痛治療剤「XP13512」を日本とアジアにおいて独占的に開発、販売するライセンスを得る契約を12月1日付けで締結したと発表した。

 XP13512はゼノポート社が創製し、開発中の疼痛治療薬。抗てんかん・抗神経因性疼痛薬「ガバペンチン(一般名)」を、ゼノポート社がプロドラッグ化した新規化合物。XP13512は、米国での臨床試験で、ガバペンチンより高い血中濃度が長時間持続することや、ヘルペス後疼痛や下肢静止不能症候群に対して有効であることが確認されている。

 日本での第1相臨床試験は、2006年半ばより開始する予定、なお、米国では、下肢静止不能症候群を対象にした第3相臨床試験を2006年前半に開始する予定だ。

 この件のプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25