2005.12.01

アステラス、米ゼノポート社とXP13512のライセンス契約を締結

 アステラス製薬は米国ゼノポート社から、疼痛治療剤「XP13512」を日本とアジアにおいて独占的に開発、販売するライセンスを得る契約を12月1日付けで締結したと発表した。

 XP13512はゼノポート社が創製し、開発中の疼痛治療薬。抗てんかん・抗神経因性疼痛薬「ガバペンチン(一般名)」を、ゼノポート社がプロドラッグ化した新規化合物。XP13512は、米国での臨床試験で、ガバペンチンより高い血中濃度が長時間持続することや、ヘルペス後疼痛や下肢静止不能症候群に対して有効であることが確認されている。

 日本での第1相臨床試験は、2006年半ばより開始する予定、なお、米国では、下肢静止不能症候群を対象にした第3相臨床試験を2006年前半に開始する予定だ。

 この件のプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1