2005.12.01

アステラス、米ゼノポート社とXP13512のライセンス契約を締結

 アステラス製薬は米国ゼノポート社から、疼痛治療剤「XP13512」を日本とアジアにおいて独占的に開発、販売するライセンスを得る契約を12月1日付けで締結したと発表した。

 XP13512はゼノポート社が創製し、開発中の疼痛治療薬。抗てんかん・抗神経因性疼痛薬「ガバペンチン(一般名)」を、ゼノポート社がプロドラッグ化した新規化合物。XP13512は、米国での臨床試験で、ガバペンチンより高い血中濃度が長時間持続することや、ヘルペス後疼痛や下肢静止不能症候群に対して有効であることが確認されている。

 日本での第1相臨床試験は、2006年半ばより開始する予定、なお、米国では、下肢静止不能症候群を対象にした第3相臨床試験を2006年前半に開始する予定だ。

 この件のプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11