2005.12.01

英Paradigm社の経口投与可能なGnRHアンタゴニストが2006年にフェーズ1入り、主要製薬企業とライセンス交渉中

 英Paradigm Therapeutics社は、経口可能な低分子化合物でGnRHアンタゴニストについて現在主要製薬企業とライセンスについて交渉中であることを明らかにした。同社に最高経営責任者であるAlastair Riddell氏(写真左)とCommercial DirectorのBarry Kenny氏(写真右)が明らかにしたものだ。

 GnRHアンタゴニストは前立腺がんなどホルモン依存性のがんの治療薬になる可能性があり、現在前臨床試験の段階で、同社が開発中の製品では最も開発段階が進んでいるものだ。マウスを用いた実験で単回投与でテストステロンの上昇を22時間に渡って抑制することができたという。2006年にフェーズ1臨床試験入りする計画だ。

 Paradigm社の製品で次に開発が進んでいるのがGたんぱく質共役型受容体(GPCR)であるGPR54の低分子アンタゴニストで、薬理作用を持つリード化合物の同定に成功しているという。GPR54をノックアウトしたマウスでは、雄でも雌でも生殖器の成熟が抑制されることから、Riddell氏はGPR54の低分子アンタゴニストは、前立腺がんや乳がんなど性ホルモンに関連したがんの治療薬になる可能性があるという。このほか、新しい骨粗鬆症の治療薬の標的になる可能性があるGPCRのPTID39、新しい高脂血症、肥満の治療薬の標的になる可能性があるGPCRのPTID43、新しい肥満の治療薬の標的になる可能性があるイオンチャンネルのPTIC16の同定に成功していることもRiddell氏は明らかにした。

 Paradigm社は元々は遺伝子ノックアウト技術を用いた新薬標的の探索を中心とした企業であったが、2005年1月にAmedis Pharmacuticals社を買収しメディシナルケミストリーの技術を入手、創薬企業として変貌している。

 Paradigm社は、2005年6月には米Johnson&Johnson社のグループ企業である米OrthoMcNeil社、武田薬品工業とそれぞれ提携している。OrthoMcNeil社には神経性の疼痛と尿失禁に関連する一つのGPCR(GPR92)を新薬標的として独占的にライセンスし、薬剤探索を共同で進めている。共同研究が順調であるため、別の疼痛に関する契約を結べる可能性があるという。武田薬品とはノックアウト技術を用いた中枢神経領域の新薬標的の同定で提携したもので、現在までに100程度の標的に絞ってノックアウトマウスを作っているという。武田は10以上の標的を得る権利があるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正