2005.12.01

英Ionscope社、細胞を生きたまま高解像度解析が可能な顕微鏡を発売へ

 生細胞にダメージを与えず生きたまま高解像度で観察できる新しい顕微鏡が2カ月以内に発売される。英Ionscope社が開発したイオン伝導性顕微鏡と呼ぶ製品で、細胞にダメージを与える電子顕微鏡や原子間力顕微鏡ではできなかった細胞の表面変化を連続的に観察することが可能になる。薬剤を投与したあとの細胞の変化の観察や従来はできなかった細胞に対するパッチクランプも可能になるという。1台6万ポンドで全世界で発売することを同社の最高経営責任者であるNoah Freedman氏(写真)がこのほど明らかにした。

 Ionscope社が開発したイオン伝導性顕微鏡は、先端の直径が100nmのナノピペットを利用する。ナノピペットの先端から微量の電流を放出する。細胞の表面からナノピペットの間の距離に応じて放出された電流量が測定できることを利用して、ナノピペットを細胞の表面から20nmから30nmの一定の高さに維持することができる。この原理を利用して細胞の表面をスキャンすると細胞表面に全く接触せずに、ナノピペットの位置の変化から表面の凹凸を調べることが可能になるわけだ。解像度は水平面が5nmで垂直面が1nmだという。

 Freedman氏は、イオン伝導性顕微鏡を利用することで実際にニューロンのシナプスの観察や腎臓由来細胞がアルデステロンを投与することで一部の細胞が丸く膨らむことを観察できることなどの実例を示した。また、従来は入射角度のためにパッチクランプができなかった細胞でも、細胞表面凹凸を調べられることを利用して、極細のナノピペットを適切な場所に垂直に細胞表面に下ろすことでパッチクランプを行うことができるという。さらに蛍光染色などと組み合わせた解析などもできるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正