2005.12.01

雪印と長崎大、乳由来たんぱく質とオリゴ糖にHIV感染予防効果を確認

 雪印乳業は11月30日、母乳や牛乳に含まれるたんぱく質とオリゴ糖にHIV感染予防効果があることと、その作用メカニズムが解明できたと発表した。研究内容は、熊本市で開催されている日本エイズ学会で12月1日に報告した。

 研究は、雪印乳業技術研究所と長崎大学大学院医学歯学薬学総合研究科感染分子病態学講座が共同で進めてきた。研究グループは、母乳を介してのHIV感染率が母乳1Lあたり0.064%と低いことから、母乳中にHIV感染を予防する成分が含まれると考え、探索を続けた結果、乳由来のたんぱく質であるラクトパーオキシダーゼとオリゴ糖の誌アリルラクトースに特異的な抗HIV活性があることを明らかにした。さらにこれらの成分がHIVに結合することで、免疫細胞への侵入を抑制することと、HIVの遺伝子発現機能自体を不活性化することが判明したという。

 雪印では、どちらの物質も乳清(ホエイ)から大量精製が可能なため、高価な抗HIV医薬品の入手が困難な国などで、HIV感染予防のため、代替的に活用できる可能性があるとしている。

 本研究についての雪印のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266