2005.11.30

英国のCROが2006年に医薬品の光毒性に関するセミナーを開催

 英国の治験受託機関(CRO)である英Drug Development solutions社は、得意とする医薬品候補化合物の光毒性に関するセミナーを2006年の初夏もしくは9月にわが国で開催する計画だ。同社副社長のDavid Somerville氏(写真)がこのほど明らかにしたものだ。

 光毒性は薬剤の投与によって皮膚や眼に光に対する異常が生じる反応。抗生物質であるCIPROFLOXなどで光毒性があることが明らかになっている。Somerville氏によると、最近人工化合物の使用が拡大するに伴って、光毒性のある化合物が増えつつあるという。Drug Development solutions社は光毒性の権威である元米国食品医薬品局(FDA)のJames Ferguson氏の協力を得て、光毒性の検査の受託を進めてきた。ヒトを使って様々な波長の光で調べるなど詳細な光毒性の検査ができるのは全世界でも同社だけだという。同社の売上高(年間約300万ポンド)の30%が光毒性に関する試験の売り上げになる。光毒性試験以外ではフェーズ1臨床試験が40%、薬剤間相互作用試験、薬剤食品間相互作用試験などが20%、効果を確認する臨床試験の受託が10%となっている。

 Drug Development solutions社は、日本の製薬企業のトップ10のほとんどと取り引きがあり、売上高の30%以上を日本企業からの受託が占めているという。もともとはDundee大学が所有していた有限会社だったが、この秋にマネージメントバイアウトによって独立した企業となり、事業展開を強化している。日本企業との関係強化にも乗り出しており、10月にはある日本企業から12種類の試験を受託したほか、2006年夏に別の日本企業からも受託を受ける予定となっている。売上高に占める日本企業との取り引きの割合も拡大させていく方針で、3年から5年以内に日本に事務所を置くことも検討しているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976