2005.11.30

英国のCROが2006年に医薬品の光毒性に関するセミナーを開催

 英国の治験受託機関(CRO)である英Drug Development solutions社は、得意とする医薬品候補化合物の光毒性に関するセミナーを2006年の初夏もしくは9月にわが国で開催する計画だ。同社副社長のDavid Somerville氏(写真)がこのほど明らかにしたものだ。

 光毒性は薬剤の投与によって皮膚や眼に光に対する異常が生じる反応。抗生物質であるCIPROFLOXなどで光毒性があることが明らかになっている。Somerville氏によると、最近人工化合物の使用が拡大するに伴って、光毒性のある化合物が増えつつあるという。Drug Development solutions社は光毒性の権威である元米国食品医薬品局(FDA)のJames Ferguson氏の協力を得て、光毒性の検査の受託を進めてきた。ヒトを使って様々な波長の光で調べるなど詳細な光毒性の検査ができるのは全世界でも同社だけだという。同社の売上高(年間約300万ポンド)の30%が光毒性に関する試験の売り上げになる。光毒性試験以外ではフェーズ1臨床試験が40%、薬剤間相互作用試験、薬剤食品間相互作用試験などが20%、効果を確認する臨床試験の受託が10%となっている。

 Drug Development solutions社は、日本の製薬企業のトップ10のほとんどと取り引きがあり、売上高の30%以上を日本企業からの受託が占めているという。もともとはDundee大学が所有していた有限会社だったが、この秋にマネージメントバイアウトによって独立した企業となり、事業展開を強化している。日本企業との関係強化にも乗り出しており、10月にはある日本企業から12種類の試験を受託したほか、2006年夏に別の日本企業からも受託を受ける予定となっている。売上高に占める日本企業との取り引きの割合も拡大させていく方針で、3年から5年以内に日本に事務所を置くことも検討しているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48