2005.11.29

英Lipoxen社、ポリシアル酸修飾たんぱく質医薬品などを来年から続々臨床入り 

 英Lipoxen社は、ポリシアル酸を利用してたんぱく質医薬品の体内半減期を延長させた顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)のフェーズ1試験を2006年に、また、インスリンとインターフェロンα、エリスロポエチンのフェーズ1臨床試験を2007年(先進国の場合、それ以外の地域では2006年)に開始する予定であることをこのほど明らかにした。

 また、自社が強みを持つもう1つの技術であるリポソームを利用した狂犬病DNAワクチンと経口破傷風ワクチンのフェーズ1試験を2006年に、肺炎球菌ワクチンのフェーズ1試験とリポソーム化タキソールのフェーズ1/2試験を2007年に開始する計画であることも明らかにした。

 たんぱく質の体内半減期を延長させる技術としては、ポリエチレングリコール(PEG)を用いた技術がよく利用されているが、同社はポリシアル酸をPEGの次世代技術と位置づけている。ポリシアル酸が生体由来の分子であるため、PEGよりも毒性が低いという。しかも、ポリシアル酸で修飾することで親水性の環境をたんぱく質分子の周囲に構築するために、PEGで修飾した場合よりもたんぱく質医薬品の活性を高い状態で保持できる場合があるという。ポリシアル酸で修飾することでマクロファージによる捕捉を防ぐことなどによって体内半減期を延長できるという。

 インターフェロンをポリシアル酸で修飾した「InferoXen」の場合、PEGで修飾したインターフェロンα製剤の1つである「PEGIntron」に比べて体内半減期が延長できることを動物実験で確認している。別のPEG修飾インターフェロンで、より高度にPEGで修飾したインターフェロンである「PEGASYS」に比べると、体内半減期の延長の面では劣るが、生物学的な活性は、PEGASYSが本来のインターフェロンの0.7%しか活性がないのに、「InferoXenは10%の活性があるという。

 同社のもう1つの技術はリポソーム技術で、フリーズドライ技術とマンノースなどの糖鎖を組み合わせることで、核酸からたんぱく質抗原などをうまく取り込ませることができ、効率よく免疫反応を誘導できるものだという。たんぱく質とDNAを同時に投与することも可能だとしている。B型ワクチンの場合、動物実験で、単回投与で現在市販されている製品に比べて5倍の免疫反応を誘導することができたという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1