2005.11.29

3種類のがん細胞株を組み合わせた前立腺がんワクチンのフェーズ2b試験が来年前半に開始 

 英Onyvax社は11月28日、前立腺がん患者から採取し確立した3種類の細胞株を利用したがんワクチンOnyvax-Pのフェーズ2b臨床試験を2006年の第1四半期か第2四半期に開始することを明らかにした。同社のBusiness Development ManagerのRob Johnson氏(写真)が明らかにしたものだ。

 Onyvax社のワクチンの特色は、進行段階の異なる患者から採取した3種類のがん細胞を利用しているところだ。原発腫瘍、リンパ節転移巣、骨転移巣から取り出して株化しているため、数百の前立腺がんに対する抗原が発現しているという。投与はホルモン療法耐性で転移がない患者を対象とし、免疫能を保持している患者を選んでいることも大きな特色だ。

 月1回3種類の細胞株を放射線で不活化して、800万個ずつ投与したフェーズ2a臨床試験では、40%の患者で前立腺特異抗原の値の上昇を抑制できることと、転移を起こすまでの期間が対照群では平均で26週間だったのが58週に延びることを確認している。

 Onyvax-Pのフェーズ2a臨床試験は75人の前立腺がん患者を対象に行われるもので、主要評価ポイントは腫瘍が進行せずに生存している期間になる。25人の患者にプラセボ、25人の患者に3種類の細胞株からなるがんワクチン、25人の患者に2種類の細胞株からなるがんワクチンを投与する計画だ。試験は英国、エストニア、リトアニアの3カ国で行われ、18カ月から24カ月はかかる見通しで、その後フェーズ3臨床試験を実施する計画だ。

 また、Onyvax社は現在、Onyvax-Pと樹状細胞を組み合わせた臨床試験を米国立がん研究所とMayo Clinicと検討している。

 Onyvax社は固形がんに幅広く存在している腫瘍抗原であるCD55に対する抗イディオタイプ抗体であるOnyvax105のフェーズ1/2臨床試験も行っている。CD55抗原はがん細胞が免疫を回避するところで作用していると考えられており、将来的にはOnyvax-Pなど細胞を利用したがんワクチンと組み合わせていく計画だ。このほか、Mayo Clinicから導入した4種類の子宮がん細胞株を利用したがんワクチンなどの開発も進めている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127