2005.11.25

日本コカ・コーラが乳酸菌入り緑茶を新発売、カルピスが開発したL-92菌を配合

 日本コカ・コーラ(東京都渋谷区、魚谷雅彦社長)は、2006年1月30日にL-92乳酸菌を配合した緑茶を発売する。商品名は「心地よい毎日 L-92緑茶」350mLで、メーカー希望小売価格は160円。

 L-92乳酸菌は、カルピスが開発した健康機能性素材。同社が保有する2000種を超える菌株の中から選んだ乳酸菌。アレルギーの原因となる体内の免疫バランスの崩れを改善することで、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の症状を抑制する効果がヒトでの試験で確認されている。

「心地よい毎日 L-92緑茶」には花粉症などのアレルギー症状を抑制することが確認された22.2mgのL-92乳酸菌(1本あたり)が含まれる。ほかに、カテキン175mgを配合している。

 一方、素材を供給するカルピスでも、2003年春からこの菌を配合した食品を「インターバランスL-92」として発売している。飲むヨーグルトを皮切りに、その後もサプリメントや乳酸菌飲料、ヨーグルト飲料など追加し、今年はゼリー飲料、タブレットまでアイテムを広げて、花粉症のシーズンに対応する。ちなみに、「心地よい毎日 L-92緑茶」に採用した1日あたりの乳酸菌の目安量は、「インターバランスL-92」で1日目安量として摂取できる量と同じだ。

 日本コカ・コーラはカルピスと共同で、商談、販売促進や広報宣伝などをすることにより、L-92乳酸菌の花粉症への有用性を訴えてゆく方針。主な発売ルートはコンビニエンスストアやドラッグストアを予定しており、自動販売機での販売はテストとして一部で行うのみという。

 なお、日本コカ・コーラは、昨年までミントポリフェノール入りの茶飲料「春のミント習慣」を花粉症の季節限定で発売していたが、今シーズンは発売を見合わせ、この乳酸菌入り緑茶に絞ってマーケティングを展開する。(黒住紗織、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466