2005.11.25

ロート製薬、40歳以上向け遠近両用型コンタクトレンズを発売

 ロート製薬は、老眼が気になり始める40歳以上をターゲットに、目の調整力が落ちていても遠くから近くまでが自然に見える2週間交換タイプの遠近両用型ソフトコンタクトレンズ「ロートi.Q.14バイフォーカル」(オープン価格)を11月24日に発売した。

 同商品は、レンズの中心部から周囲に向けて「遠距離を見るゾーン」「移行部」「近距離を見るゾーン」と3ゾーンに分かれたマルチフォーカルレンズ。レンズのカーブを滑らかにすることで、移行部でも見えやすく、遠くから近くまでスムーズに自然に見えるのだという。「従来の遠近両用型レンズは、遠くか近くの一方は見やすいが、一方は見えづらいという声があった。新商品はその悩みをカバーした」と同社経営情報本部広報調査室長の湯浅総一郎氏は話す。
 
 医療機関3カ所で45〜55歳の男女20人(男性1人、女性19人)を対象に行った臨床実験では、同商品は「極めて有効(近くから遠くまでがとてもはっきり見える)」を含む「有効」という評価を100%、安全性の評価も100%得たという。
 
 また、同社が独自で行ったアンケート調査では、目の老化現象は30代の約85%、40代の90%以上が自覚しているという回答を得ている。
 
 目の老化現象は「夕方になると見えづらい」「近くの字がぼやける」「目が疲れやすい」といった悩みから自覚するが、これは目の水晶体が加齢とともに硬化し、ピント調節機能が低下することが原因。症状を加速させないためには、遠近両用レンズを早めに使って対処することが大切だという。
 
 同社によると、コンタクトレンズ市場は、ハードレンズが縮小傾向にあるのに対し、ソフトレンズは増加傾向。「現在のソフトレンズユーザーの高齢化とともに、遠近両用のコンタクトレンズは高いニーズを見込めるのでは」(同社)と、今後の市場の伸びに期待を示している。(清水由貴子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4