2005.11.25

ロート製薬、40歳以上向け遠近両用型コンタクトレンズを発売

 ロート製薬は、老眼が気になり始める40歳以上をターゲットに、目の調整力が落ちていても遠くから近くまでが自然に見える2週間交換タイプの遠近両用型ソフトコンタクトレンズ「ロートi.Q.14バイフォーカル」(オープン価格)を11月24日に発売した。

 同商品は、レンズの中心部から周囲に向けて「遠距離を見るゾーン」「移行部」「近距離を見るゾーン」と3ゾーンに分かれたマルチフォーカルレンズ。レンズのカーブを滑らかにすることで、移行部でも見えやすく、遠くから近くまでスムーズに自然に見えるのだという。「従来の遠近両用型レンズは、遠くか近くの一方は見やすいが、一方は見えづらいという声があった。新商品はその悩みをカバーした」と同社経営情報本部広報調査室長の湯浅総一郎氏は話す。
 
 医療機関3カ所で45〜55歳の男女20人(男性1人、女性19人)を対象に行った臨床実験では、同商品は「極めて有効(近くから遠くまでがとてもはっきり見える)」を含む「有効」という評価を100%、安全性の評価も100%得たという。
 
 また、同社が独自で行ったアンケート調査では、目の老化現象は30代の約85%、40代の90%以上が自覚しているという回答を得ている。
 
 目の老化現象は「夕方になると見えづらい」「近くの字がぼやける」「目が疲れやすい」といった悩みから自覚するが、これは目の水晶体が加齢とともに硬化し、ピント調節機能が低下することが原因。症状を加速させないためには、遠近両用レンズを早めに使って対処することが大切だという。
 
 同社によると、コンタクトレンズ市場は、ハードレンズが縮小傾向にあるのに対し、ソフトレンズは増加傾向。「現在のソフトレンズユーザーの高齢化とともに、遠近両用のコンタクトレンズは高いニーズを見込めるのでは」(同社)と、今後の市場の伸びに期待を示している。(清水由貴子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0