2005.11.25

練馬区小学校で集団嘔吐、全校児童の半数371人が発症

 東京都練馬区の小学校で400人近い児童と教職員が嘔吐などの症状を訴えていたことが分かった。集団嘔吐があったのは、練馬区立開進第三小学校。22日夕方から嘔吐などの症状を訴えて病医院を受診する児童が増えたため、練馬区保健所が調査したところ、全校児童751人の49.4%にあたる児童371人と教職員41人中8人が、嘔吐、吐き気、下痢、発熱のいずれかの症状を訴えていたことがわかった。調理員や栄養士の発症はなかったという。

 練馬区では24日、25日を休校とした。28日の月曜日については、状況にもよるが通常通りの登校日にする予定という。集団食中毒や集団感染症の疑いが濃いと見られるが、「原因判明は来週になる」(練馬区学校教育部保健給食課)見通しだ。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43