2005.11.24

肥満を気にする糖尿病患者の食事指導(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年11月号から、「服薬指導」を紹介します。テーマは「肥満を気にする糖尿病患者の食事指導」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 55歳の女性Tさんが、総合病院を受診した帰りに薬局を訪れました。薬を受け取る際、Tさんは次のように話しました。

 半年ほど前に糖尿病と診断され、食事療法を行ってきたのですが、なかなか決められたカロリーを守れず、最近では肥満も目立ってきました。今日、先生から「お薬を使っていきましょう。食事療法も次回からグリセミック・インデックスを指標にした指導を栄養士さんにお願いしておきますね」と言われました。グリセミック・インデックスって何ですか。確か以前、はやった「低インスリンダイエット法」でも使われていた気がするのですが…。

■処方せん
(1) オイグルコン錠1.25mg 1錠
  1日1回 朝食前 7日分

Q 糖尿病の食事療法に関する記述として正しいものは次のどれか
(1) 摂取エネルギー量の決定は標準体重を基準としているので、身体活動の程度はあまり考慮しなくてもよい。
(2) 摂取成分量は指示エネルギー量の50〜60%を炭水化物とし、脂肪は25%以内に抑える。
(3) グリセミック・インデックス(glycemic index;GI)は炭水化物食品の血糖上昇能を示し、GIの高い食品は糖尿病発症のリスク要因である。
(4) GIの低い食品を選んで取れば、エネルギー摂取量はあまり気にしなくてもよい。

 答えは本誌2005年11月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

-----------------------------------------------------
◆日経ドラッグインフォメーションの読者の方へ
 10月号の「薬局の足を引っ張る規制の数々」はお読みいただけましたでしょうか。
 記事中で取り上げた5つの規制について現在、webアンケートで皆様のご意見をうかがっております。URLは以下です。今後の企画に反映させていきたいと思います。ぜひご協力ください。(井上俊明、医療局編集委員)
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/INO0926.html

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正