2005.11.24

肥満を気にする糖尿病患者の食事指導(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年11月号から、「服薬指導」を紹介します。テーマは「肥満を気にする糖尿病患者の食事指導」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 55歳の女性Tさんが、総合病院を受診した帰りに薬局を訪れました。薬を受け取る際、Tさんは次のように話しました。

 半年ほど前に糖尿病と診断され、食事療法を行ってきたのですが、なかなか決められたカロリーを守れず、最近では肥満も目立ってきました。今日、先生から「お薬を使っていきましょう。食事療法も次回からグリセミック・インデックスを指標にした指導を栄養士さんにお願いしておきますね」と言われました。グリセミック・インデックスって何ですか。確か以前、はやった「低インスリンダイエット法」でも使われていた気がするのですが…。

■処方せん
(1) オイグルコン錠1.25mg 1錠
  1日1回 朝食前 7日分

Q 糖尿病の食事療法に関する記述として正しいものは次のどれか
(1) 摂取エネルギー量の決定は標準体重を基準としているので、身体活動の程度はあまり考慮しなくてもよい。
(2) 摂取成分量は指示エネルギー量の50〜60%を炭水化物とし、脂肪は25%以内に抑える。
(3) グリセミック・インデックス(glycemic index;GI)は炭水化物食品の血糖上昇能を示し、GIの高い食品は糖尿病発症のリスク要因である。
(4) GIの低い食品を選んで取れば、エネルギー摂取量はあまり気にしなくてもよい。

 答えは本誌2005年11月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

-----------------------------------------------------
◆日経ドラッグインフォメーションの読者の方へ
 10月号の「薬局の足を引っ張る規制の数々」はお読みいただけましたでしょうか。
 記事中で取り上げた5つの規制について現在、webアンケートで皆様のご意見をうかがっております。URLは以下です。今後の企画に反映させていきたいと思います。ぜひご協力ください。(井上俊明、医療局編集委員)
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/INO0926.html

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25