2005.11.22

【ACR2005速報】レフェコキシブ販売中止以降の米国NSAID処方状況が明らかに、非COX-2阻害薬の処方数は増加、特にメロキシカムは85%増

 米Merck社は2004年9月、COX-2阻害薬レフェコキシブの販売を中止したが、その後の米国におけるNSAID処方状況が明らかになった。非COX-2阻害薬のイブプロフェンやジクロフェナクなどの処方数は12〜25%増加し、またメロキシカムの処方数は85%も増えたという。セレブレックスやナプロキセンは、レフェコキシブ販売中止直後に一時的に処方数が増加したものの、米国食品医薬品局(FDA)が副作用に関する警告を発表したことなどから、その後処方数は減少している。米Rite Aid Pharmacy Health Services社のBethany Fedutes氏らが、同社処方データを調べて明らかにしたもので、11月14日のARHPコンカレント・セッションで発表した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:319
  2. インフルエンザ治癒証明に意義なし REPORT FBシェア数:983
  3. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:6
  4. 最悪の事態は油断とともにやってくる 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  5. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景 FBシェア数:23
  6. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:70
  7. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:225
  8. 血糖管理はHbA1cを見るだけでは不十分 リポート◎糖尿病の新管理指標「血糖トレンド」に注目集まる FBシェア数:855
  9. 「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 クリニック事件簿 FBシェア数:287
  10. 放射線アブレーションによる心室頻拍治療 NEJM誌から FBシェア数:61
医師と医学研究者におすすめの英文校正