2005.11.22

【ACR2005速報】レフェコキシブ販売中止以降の米国NSAID処方状況が明らかに、非COX-2阻害薬の処方数は増加、特にメロキシカムは85%増

 米Merck社は2004年9月、COX-2阻害薬レフェコキシブの販売を中止したが、その後の米国におけるNSAID処方状況が明らかになった。非COX-2阻害薬のイブプロフェンやジクロフェナクなどの処方数は12〜25%増加し、またメロキシカムの処方数は85%も増えたという。セレブレックスやナプロキセンは、レフェコキシブ販売中止直後に一時的に処方数が増加したものの、米国食品医薬品局(FDA)が副作用に関する警告を発表したことなどから、その後処方数は減少している。米Rite Aid Pharmacy Health Services社のBethany Fedutes氏らが、同社処方データを調べて明らかにしたもので、11月14日のARHPコンカレント・セッションで発表した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4