2005.11.18

【ACR2005速報】骨粗鬆症の発見精度上げる低コスト検査法が登場、デキサ法検査時に脊椎圧迫骨折を見極め

 骨粗鬆症のスクリーニングであるデキサ法を行う際に、脊椎圧迫骨折の有無も同時に調べることで、スクリーニング精度を上げることができるようだ。現行のデキサ法のみでは見逃してしまうハイリスク群を低コストで発見できるという。米Geisinger Medical CenterのEric D. Newman氏が、11月16日に開催された米国リウマチ学会のプレナリーセッションで発表した。

 脊椎圧迫骨折がある人は、再度の脊椎圧迫骨折や股関節骨折のリスクが大幅に上がることが知られている。だが、現状では、デキサ法で脊椎や腰椎などを調べた際、偶然に脊椎圧迫骨折が見つかっても報告されず、脊椎部X線による検査を勧めるに留まってしまう。その上、実際には、そのうち約5%の人しか脊椎部X線検査を実施せず、見逃されてしまう場合が少なくないという。Newman氏はこの点に着目して、デキサ法による検査を行う際に同じ装置で脊椎圧迫骨折の有無も見極めることにし、その検査をInstant Vertebral Assessment(IVA)と名付けた。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43