2005.11.18

【ACR2005速報】全身性エリテマトーデスと関節リウマチのアテローム性動脈硬化症リスク増には、抗炎症作用のないHDLが関与か

 全身性エリテマトーデス(SLE)と関節リウマチ(RA)の人は、アテローム性動脈硬化症(ATH)のリスクが増すことが知られているが、高血圧や高コレステロール値など、通常のリスク因子では説明できないことが、これまでにわかっている。今回、高比重リポたんぱく(HDL)でも、低比重リポたんぱく(LDL)の酸化を阻害する作用のないHDL(pro-inflammatory HDL: piHDL)が、SLEやRAを持つ人のATH発症に関与する可能性を示す、研究結果が出た。これは、米California大学Los Angeles校のMaureen McMahon氏が、11月16日に開催された米国リウマチ学会のコンカレント・アブストラクト・スーパーセッションで発表したもの。なおこれまでに、別の非SLE患者を対象にした研究で、脂質値は正常でありながらATHを発症した人のうち、90%でpiHDLが見つかっている。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239