2005.11.18

【ACR2005速報】全身性エリテマトーデスと関節リウマチのアテローム性動脈硬化症リスク増には、抗炎症作用のないHDLが関与か

 全身性エリテマトーデス(SLE)と関節リウマチ(RA)の人は、アテローム性動脈硬化症(ATH)のリスクが増すことが知られているが、高血圧や高コレステロール値など、通常のリスク因子では説明できないことが、これまでにわかっている。今回、高比重リポたんぱく(HDL)でも、低比重リポたんぱく(LDL)の酸化を阻害する作用のないHDL(pro-inflammatory HDL: piHDL)が、SLEやRAを持つ人のATH発症に関与する可能性を示す、研究結果が出た。これは、米California大学Los Angeles校のMaureen McMahon氏が、11月16日に開催された米国リウマチ学会のコンカレント・アブストラクト・スーパーセッションで発表したもの。なおこれまでに、別の非SLE患者を対象にした研究で、脂質値は正常でありながらATHを発症した人のうち、90%でpiHDLが見つかっている。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25