2005.11.18

【ACR2005速報】トシリズマブの長期投与が全身型若年性特発性関節炎に有効

 横浜市立大学大学院医学研究科発生成育小児医療学教授の横田俊平氏(写真)らの研究グループは、全身型若年性特発性関節炎を対象にした抗インターロイキン6受容体抗体トシリズマブ(商品名:アクテムラ)の長期投与臨床試験で、病態が有意に改善しその改善効果は3年間まで持続することを見出した。120週目で100%の患者でJIAコアセットで50%を達成し、90%の患者でJIAコアセットで70%を達成した。成果は11月17日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Abstract Session 「Pediatric Rheumatology:Clinical Features and Treatment」で発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:331
  2. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:5
  3. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  4. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:62
  5. コミュニケーションの意外なきっかけ!! 病院珍百景 FBシェア数:21
  6. 出題形式、合否基準を熟知すると攻略法が見えてくる 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:30
  7. 整腸剤は保管しやすいミヤBMがお薦め 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:218
  8. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:87
  9. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:32
  10. 新専門医制度で専攻医の地域偏在は助長された? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-5》 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正