2005.11.18

【ACR2005速報】トシリズマブの長期投与が全身型若年性特発性関節炎に有効

 横浜市立大学大学院医学研究科発生成育小児医療学教授の横田俊平氏(写真)らの研究グループは、全身型若年性特発性関節炎を対象にした抗インターロイキン6受容体抗体トシリズマブ(商品名:アクテムラ)の長期投与臨床試験で、病態が有意に改善しその改善効果は3年間まで持続することを見出した。120週目で100%の患者でJIAコアセットで50%を達成し、90%の患者でJIAコアセットで70%を達成した。成果は11月17日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Abstract Session 「Pediatric Rheumatology:Clinical Features and Treatment」で発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1