2005.11.18

【ACR2005速報】トシリズマブの長期投与が全身型若年性特発性関節炎に有効

 横浜市立大学大学院医学研究科発生成育小児医療学教授の横田俊平氏(写真)らの研究グループは、全身型若年性特発性関節炎を対象にした抗インターロイキン6受容体抗体トシリズマブ(商品名:アクテムラ)の長期投与臨床試験で、病態が有意に改善しその改善効果は3年間まで持続することを見出した。120週目で100%の患者でJIAコアセットで50%を達成し、90%の患者でJIAコアセットで70%を達成した。成果は11月17日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Abstract Session 「Pediatric Rheumatology:Clinical Features and Treatment」で発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:346
  3. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163
  5. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  6. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:200
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. 免許更新時、認知症の診断ができないケースとは プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:16
  10. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:57