2005.11.17

【AHA2005速報】急性前壁梗塞への骨髄由来単核細胞の注入療法、左室機能の改善を認めず−−ASTAMI試験

 急性前壁梗塞に対する骨髄由来単核細胞の注入療法の効果を検討していたランダム化比較試験のASTAMI試験で、期待された左室機能の改善は確認されなかった。ノルウェーRikshospitalet and Ulleval大のKetil Lunde氏(写真)が11月16日、セッション「Late-Breaking Clinical Trials Session IV」で発表した。

 研究グループは、ST上昇を伴った急性前壁梗塞100例を対象に、骨髄由来単核細胞(mBMC)の注入療法が左室機能の改善に効果があるかどうかを調べた。

 対象は、ST上昇を伴った急性前壁梗塞の症例で、年齢は40から75歳まで、梗塞の症状が現われてからPCIの実施まで2〜12時間以内、左前下降枝責任病変への処置としてのPCIによるステント留置−−などを条件とした。心原性ショック、異常Q波心筋梗塞などは除外された。

 分析対象は100例で、PCIによるステント留置などを終了後、3〜5日でmBMC注入群(50例)とコントロール群(50例)に無作為に割り付けた。

 4〜7日に、99mTc-tetrofosminを使った単一光子放射型コンピュータ断層撮影(SPECT)と冠動脈造影を実施しベースラインとした。その後、mBMC注入群では、4〜8日に骨髄由来単核細胞(87.1±47.7×106cells)を冠状動脈内に注入した。その後、2〜3週間はMRI検査を実施し推移を記録。最終的には6カ月間フォローアップした。

 ベースラインでの患者背景には、mBMC注入群とコントロール群で有意差のある条件はなかった。

 分析の結果、ベースラインから6カ月後の変化をみたところ、駆出率や拡張末期容積、梗塞病変のサイズは、検査の種類によって、それぞれの群で有意な改善を認めた項目もあった。しかし、mBMC注入群がコントロール群より有意な改善をみたものはなかった。

 今回に報告は期待に反するものだったが、注入時期など試験デザインに改良の余地があることが指摘されており、その意味では骨髄由来単核細胞の注入療法そのものが否定されたわけではない。今後の新たな展開を注目したい。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正