2005.11.17

【AHA2005速報】急性前壁梗塞への骨髄由来単核細胞の注入療法、左室機能の改善を認めず−−ASTAMI試験

 急性前壁梗塞に対する骨髄由来単核細胞の注入療法の効果を検討していたランダム化比較試験のASTAMI試験で、期待された左室機能の改善は確認されなかった。ノルウェーRikshospitalet and Ulleval大のKetil Lunde氏(写真)が11月16日、セッション「Late-Breaking Clinical Trials Session IV」で発表した。

 研究グループは、ST上昇を伴った急性前壁梗塞100例を対象に、骨髄由来単核細胞(mBMC)の注入療法が左室機能の改善に効果があるかどうかを調べた。

 対象は、ST上昇を伴った急性前壁梗塞の症例で、年齢は40から75歳まで、梗塞の症状が現われてからPCIの実施まで2〜12時間以内、左前下降枝責任病変への処置としてのPCIによるステント留置−−などを条件とした。心原性ショック、異常Q波心筋梗塞などは除外された。

 分析対象は100例で、PCIによるステント留置などを終了後、3〜5日でmBMC注入群(50例)とコントロール群(50例)に無作為に割り付けた。

 4〜7日に、99mTc-tetrofosminを使った単一光子放射型コンピュータ断層撮影(SPECT)と冠動脈造影を実施しベースラインとした。その後、mBMC注入群では、4〜8日に骨髄由来単核細胞(87.1±47.7×106cells)を冠状動脈内に注入した。その後、2〜3週間はMRI検査を実施し推移を記録。最終的には6カ月間フォローアップした。

 ベースラインでの患者背景には、mBMC注入群とコントロール群で有意差のある条件はなかった。

 分析の結果、ベースラインから6カ月後の変化をみたところ、駆出率や拡張末期容積、梗塞病変のサイズは、検査の種類によって、それぞれの群で有意な改善を認めた項目もあった。しかし、mBMC注入群がコントロール群より有意な改善をみたものはなかった。

 今回に報告は期待に反するものだったが、注入時期など試験デザインに改良の余地があることが指摘されており、その意味では骨髄由来単核細胞の注入療法そのものが否定されたわけではない。今後の新たな展開を注目したい。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97