2005.11.17

【AHA2005速報】急性前壁梗塞への骨髄由来単核細胞の注入療法、左室機能の改善を認めず−−ASTAMI試験

 急性前壁梗塞に対する骨髄由来単核細胞の注入療法の効果を検討していたランダム化比較試験のASTAMI試験で、期待された左室機能の改善は確認されなかった。ノルウェーRikshospitalet and Ulleval大のKetil Lunde氏(写真)が11月16日、セッション「Late-Breaking Clinical Trials Session IV」で発表した。

 研究グループは、ST上昇を伴った急性前壁梗塞100例を対象に、骨髄由来単核細胞(mBMC)の注入療法が左室機能の改善に効果があるかどうかを調べた。

 対象は、ST上昇を伴った急性前壁梗塞の症例で、年齢は40から75歳まで、梗塞の症状が現われてからPCIの実施まで2〜12時間以内、左前下降枝責任病変への処置としてのPCIによるステント留置−−などを条件とした。心原性ショック、異常Q波心筋梗塞などは除外された。

 分析対象は100例で、PCIによるステント留置などを終了後、3〜5日でmBMC注入群(50例)とコントロール群(50例)に無作為に割り付けた。

 4〜7日に、99mTc-tetrofosminを使った単一光子放射型コンピュータ断層撮影(SPECT)と冠動脈造影を実施しベースラインとした。その後、mBMC注入群では、4〜8日に骨髄由来単核細胞(87.1±47.7×106cells)を冠状動脈内に注入した。その後、2〜3週間はMRI検査を実施し推移を記録。最終的には6カ月間フォローアップした。

 ベースラインでの患者背景には、mBMC注入群とコントロール群で有意差のある条件はなかった。

 分析の結果、ベースラインから6カ月後の変化をみたところ、駆出率や拡張末期容積、梗塞病変のサイズは、検査の種類によって、それぞれの群で有意な改善を認めた項目もあった。しかし、mBMC注入群がコントロール群より有意な改善をみたものはなかった。

 今回に報告は期待に反するものだったが、注入時期など試験デザインに改良の余地があることが指摘されており、その意味では骨髄由来単核細胞の注入療法そのものが否定されたわけではない。今後の新たな展開を注目したい。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65