2005.11.17

【ACR2005速報】体内のセレニウム値が少ないと膝骨関節症リスクが増、足の爪の測定で明らかに

 体内のセレニウム値が低いと、膝骨関節症リスクが増えることが、900人超の足の爪を調べ、明らかになった。米North Carolina大学のJoanne M. Jordan氏が、11月15日に開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Abstract Sessionで発表した。西洋諸国でセレニウムと骨関節症の関連について調べた疫学試験は、これが初めてという。なお、中国での、セレニウムの極度な欠乏とカシン‐ベック病発症との関連は、これまでに発表されている。

 Jordan氏らは、白人と黒人合わせて940人について、調査を行った。被験者の平均年齢は59.8歳、うち男性は33%だった。同氏らは、被験者の足の爪を採取し、機器中性子放射化分析(INAA: Instrumental Neutron Activation Analysis)でセレニウム値を測定した。なお、足の爪は比較的ゆっくりと成長するため、長期の体内セレニウム値を反映するという。
全文はこちらから


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65