2005.11.17

アトルバスタチンの投与で全身性強皮症患者の骨髄由来の血管内皮前駆細胞数が増加、症状も改善

 慶応義塾大学医学部先端医科学研究所細胞情報研究部門専任講師の桑名正隆氏(写真)らは全身性強皮症患者にアトルバスタチンを投与することで骨髄由来の血管内皮前駆細胞(CEP)数が増加し、患者の自己診断による症状の改善がみられたことを明らかにした。あくまでパイロットスタディの位置づけだが、循環障害が起こる全身性強皮症患者の症状改善方法につながる成果だといえる。成果は11月16日、米国サンディエゴで開催されている米国リウマチ学会のACR Concurrent Session、「Translational Approaches to Scleroderma」で発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:205
  2. 勤務医の仕事を変える「200床未満への減床」 記者の眼 FBシェア数:24
  3. 日医会長選挙で横倉氏が4選 NEWS FBシェア数:25
  4. 尿道カテーテルをめぐる若手ナースの背景 病院珍百景 FBシェア数:42
  5. 中等度CKD患者にもメトホルミンは使える JAMA Intern Med誌から FBシェア数:2
  6. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:7
  7. 冠動脈疾患ではSBPよりDBP重視の降圧が有効 学会トピック◎第28回欧州高血圧学会(ESH 2018) FBシェア数:46
  8. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  9. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:181
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:179
医師と医学研究者におすすめの英文校正