2005.11.17

【AHA2005速報】糖尿病患者における薬剤溶出ステント留置後の再狭窄の予測因子が明らかに

 ステントの長さ、喫煙、高感度C反応性タンパク質などが、糖尿病患者における薬剤溶出ステント留置後の再狭窄の予測因子であることが報告された。韓国Korea University Anam病院のSoon Jun Hong氏らが11月16日、セッション「Obesity、Metabolic Syndrome、and Diabetes」で発表した。

 糖尿病は、従来のステントを用いた経皮的冠動脈形成術 (PCI) 後の再狭窄の大きな危険因子である。薬剤溶出ステント(DES)が使われるようになってからは、再狭窄率が劇的に改善したが、糖尿病の症例では、期待された改善が見られていないのが現状のようだ。Hong氏らは、糖尿病の患者を対象に薬剤溶出ステントを留置した後に起こる再狭窄の予測因子を明らかにすることを目的に、レトロスペクティブな解析を行った。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176