2005.11.17

【AHA2005速報】糖尿病患者における薬剤溶出ステント留置後の再狭窄の予測因子が明らかに

 ステントの長さ、喫煙、高感度C反応性タンパク質などが、糖尿病患者における薬剤溶出ステント留置後の再狭窄の予測因子であることが報告された。韓国Korea University Anam病院のSoon Jun Hong氏らが11月16日、セッション「Obesity、Metabolic Syndrome、and Diabetes」で発表した。

 糖尿病は、従来のステントを用いた経皮的冠動脈形成術 (PCI) 後の再狭窄の大きな危険因子である。薬剤溶出ステント(DES)が使われるようになってからは、再狭窄率が劇的に改善したが、糖尿病の症例では、期待された改善が見られていないのが現状のようだ。Hong氏らは、糖尿病の患者を対象に薬剤溶出ステントを留置した後に起こる再狭窄の予測因子を明らかにすることを目的に、レトロスペクティブな解析を行った。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1