2005.11.16

【AHA2005速報】急性心筋梗塞患者に対するG-CSFは梗塞後の心機能改善に有効、再狭窄率の増加など臨床上の有害事象もなく

 急性心筋梗塞(AMI)患者に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)の投与は、梗塞後の心機能の改善に有効であることが分かった。再狭窄率の増加など臨床上の有害事象もなく、今後に期待を抱かせる結果だった。千葉大学の中山崇氏(写真)らが11月15日、セッション「Acute Coronary Syndromes - PCI 1」で発表した。

 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は最近、マウスと豚における急性心筋梗塞 (AMI) の後で左心室リモデリングおよび機能障害を予防することが報告された。研究グループは、人への応用を目指し、AMI患者に対するG-CSF治療の可能性と安全性を評価した。(全文はこちらから





Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:147
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:199
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:42
  4. 二次予防ならSGLT2阻害薬が第二選択薬に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《7》 FBシェア数:79
  5. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:55
  6. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:29
  7. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. あれ・それがどれ?で論文が台無しです! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:16
  9. アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤 最新DIピックアップ FBシェア数:132
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:45
医師と医学研究者におすすめの英文校正