2005.11.16

【AHA2005速報】急性心筋梗塞患者に対するG-CSFは梗塞後の心機能改善に有効、再狭窄率の増加など臨床上の有害事象もなく

 急性心筋梗塞(AMI)患者に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)の投与は、梗塞後の心機能の改善に有効であることが分かった。再狭窄率の増加など臨床上の有害事象もなく、今後に期待を抱かせる結果だった。千葉大学の中山崇氏(写真)らが11月15日、セッション「Acute Coronary Syndromes - PCI 1」で発表した。

 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は最近、マウスと豚における急性心筋梗塞 (AMI) の後で左心室リモデリングおよび機能障害を予防することが報告された。研究グループは、人への応用を目指し、AMI患者に対するG-CSF治療の可能性と安全性を評価した。(全文はこちらから





Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
  3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
  5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
  6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
  7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
  8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
  9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
  10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正