2005.11.16

【ACR2005速報】TNF阻害薬の服用でがん発症リスクが約3倍に、投与量増えるとリスクも増加

 TNF阻害薬の服用で、がんの発症リスクは約3倍に増加し、投与量が増えるとリスクが増える可能性があるようだ。重篤な感染症リスクも、TNF阻害薬の服用で約2倍に増えるという。米Mayo ClinicのTim Bongartz氏らが、9つのプラセボ対照無作為化試験、被験者総数約5000人についてメタアナリシスを行い明らかにしたもので、11月14日に開催された米国リウマチ学会のポスター・ディスカッション・セッションで発表した。

 Bongartz氏らは、2種のTNF阻害薬について、12週間以上に渡って行われたTNF阻害薬のプラセボ対照無作為化試験について、メドライン、EMBASE、コクラン・ライブラリのデータベースを用いて検索し、条件を満たした9試験を分析の対象とした。被験者のうちTNF阻害薬群は合計3493人、プラセボ群は計1514人だった。同氏らは、各試験の発表データのほか、米国食品医薬品局(FDA)に報告されたデータによる補足と、試験スポンサーとの確認も行った。

 その結果、TNF阻害薬群のうち、がんを1カ所以上発症したのは29人だったのに対し、プラセボ群では3人に留まった。がん発症についての、TNF阻害薬群のプラセボ群に対する統合オッズ比は、3.3(95%信頼区間:1.2〜9.1、p=0.022)だった。また、このリスクは投与量が多いほど高く、高用量群では統合オッズ比は7.7(同:2.5〜37)だったのに対し、低用量群では有意差は見られなかった。

 一方、抗生物質投与または入院を要した重篤な感染症を1つ以上発症した人は、TNF阻害薬群の128人、プラセボ群の26人に見られた。投与群のプラセボ群に対する、感染症発症に関する統合オッズ比は、2.0(95%信頼区間:1.3〜3.1、p=0.002)だった。

 なお、Bongartz氏はがん発症に関する統合オッズ比について、95%信頼区間の幅が大きいため、「1を上回ることは確かだが、3という数字にどれ程意味があるかは不明。真の値は2かもしれないし、4かもしれない」とコメントした。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:338
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:650
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:221
  4. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  5. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:179
  7. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:5
  8. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  9. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0