2005.11.16

【ACR2005速報】リセドロン酸ナトリウム水和物が膝骨関節症の関節破壊を遅らせる可能性 

 閉経後骨粗鬆症の治療薬であるリセドロン酸ナトリウム水和物(リセドロネート、製品名「アクトネル」)の多量投与が膝骨関節症の関節破壊を遅らせることができる可能性が臨床試験で示された。成果は、11月15日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Session 07A 「Osteoarthritis: Therapeutics」で英国King's College LondonのChristopher Buckland-Wright氏(写真)が発表した。

 健康な関節は軟骨が骨と骨を隔てて、関節がスムーズに動くようになっている。骨関節症患者の関節では軟骨が失われ、骨の間のスペースが狭くなってしまう。どのくらい狭くなったかが病気の進展具合の指標にされている。最近の研究によって、軟骨の下にある骨が骨粗鬆症状態になり、その結果として関節の破壊が起こり、関節手術が必要になることが明らかになってきている。(全文はこちらから


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43