2005.11.16

【ACR2005速報】リセドロン酸ナトリウム水和物が膝骨関節症の関節破壊を遅らせる可能性 

 閉経後骨粗鬆症の治療薬であるリセドロン酸ナトリウム水和物(リセドロネート、製品名「アクトネル」)の多量投与が膝骨関節症の関節破壊を遅らせることができる可能性が臨床試験で示された。成果は、11月15日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Session 07A 「Osteoarthritis: Therapeutics」で英国King's College LondonのChristopher Buckland-Wright氏(写真)が発表した。

 健康な関節は軟骨が骨と骨を隔てて、関節がスムーズに動くようになっている。骨関節症患者の関節では軟骨が失われ、骨の間のスペースが狭くなってしまう。どのくらい狭くなったかが病気の進展具合の指標にされている。最近の研究によって、軟骨の下にある骨が骨粗鬆症状態になり、その結果として関節の破壊が起こり、関節手術が必要になることが明らかになってきている。(全文はこちらから


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176