2005.11.15

【ACR2005速報】学会開幕講演、「リウマチ治療の生物学的革命は治癒を実現する可能性秘める」

 関節リウマチ治療の第一人者として知られる、英国Imperial College名誉教授のSir Ravinder Maini氏(写真)は、13日に行われた学会開幕講演で、「1980年以降続いているリウマチ治療に関する生物学的革命は、今後、治癒を達成する可能性を秘めている」と語った。同講演の表題は、「科学、技術と臨床医療の架け橋:関節リウマチの新治療法の発見」だった。同氏は、Marc Feldmann氏と共に抗TNF療法の開発に貢献し、1990〜2002年までロンドンのKennedy Institute of Rheumatologyの所長を務めたことで知られている。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22