2005.11.15

【ACR2005速報】関節リウマチにαフェトプロテインが有効

 αフェトプロテイン(AFP)を関節リウマチ患者に投与すると有効であることが初めての二重盲検試験で明らかとなった。妊娠期間中には関節リウマチの症状が緩和されることが臨床的に観察されている。緩和の時期が母体と胎児のAFPが増加するときに一致する傾向がある。また、in vitroの実験と動物実験でAFPに免疫調節作用があることが示されていることから、遺伝子組み換えヤギで製造した糖鎖のついていないAFP製剤MM-093の関節リウマチを対象にした臨床開発が米国Merrimack Pharamaceuticals社によって進められている。MM-093の二重盲検試験の結果は、11月14日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会で、英国King's College LondonのLouise C. Pollard氏(写真)によって発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0