2005.11.15

【ACR2005速報】関節リウマチにαフェトプロテインが有効

 αフェトプロテイン(AFP)を関節リウマチ患者に投与すると有効であることが初めての二重盲検試験で明らかとなった。妊娠期間中には関節リウマチの症状が緩和されることが臨床的に観察されている。緩和の時期が母体と胎児のAFPが増加するときに一致する傾向がある。また、in vitroの実験と動物実験でAFPに免疫調節作用があることが示されていることから、遺伝子組み換えヤギで製造した糖鎖のついていないAFP製剤MM-093の関節リウマチを対象にした臨床開発が米国Merrimack Pharamaceuticals社によって進められている。MM-093の二重盲検試験の結果は、11月14日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会で、英国King's College LondonのLouise C. Pollard氏(写真)によって発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47