2005.11.15

【ACR2005速報】リツキシマブが抗TNF療法が無効の関節リウマチに有効であることが大規模試験で実証

 抗腫瘍壊死因子(TNF)療法が有効でなかった活動性関節リウマチ患者に対し、抗CD20モノクローナル抗体製剤リツキシマブが有効であることを示す大規模臨床試験の結果が明らかとなった。「REFLEX (Randomised Evaluation oF Long-term Efficacy of RituXimab in RA)」と名づけられたフェーズ3試験の報告で、11月14日に開催された米国リウマチ学会の記者会見で米国Texas大学Southwestern校のS.B.Cohen氏(写真)が発表した。同氏は16日に開催されるプレナリーセッション「Discovery 2005:clinical Trials and an Occasional Tribulation」で正式な学術発表を行う。(全文はこちらから


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1