2005.11.15

【AHA2005速報】慢性狭心症で侵襲的治療を受けた高齢の女性患者、男性より長期生存率は高いがQOLは低く

 慢性狭心症で血行再建術などの侵襲的治療を受けた後、6カ月内の死亡というリスクを乗り越えた75歳以上の患者では、女性の方が男性より生存率が高い一方、生活の質(QOL)は男性より低いという結果が報告された。ボストン大学のGabriela M. Kuster氏らが11月13日、セッション「Age and Gender: Health Policy and Outcomes Research」で発表した。

 75歳以上の慢性狭心症を対象に、侵襲的治療と最適化された薬物療法の効果を比較した大規模臨床試験TIME(Trial of Invasive versus Medical therapy in Elderly patients with chronic angina)では、症状の緩和およびQOLの点で、侵襲的治療の方が薬物療法より有効であることが示された。その中の侵襲的治療を受けた群では、6カ月後の臨床評価で、女性が男性より死亡リスクが高く、またQOLも劣っていることが分かっていた。研究グループは、この男女の違いに注目、長期に渡る追跡から、生存率やQOLの違いを調べた。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172