2005.11.14

【ACR2005速報】痛風患者で発作時以外にも頻繁に痛みを経験する人は2割近い、自己申告アウトカムのデータで明らかに

 痛風患者で、発作時以外にも頻繁に痛みを経験している人が、約2割にも上ることが、2000人弱の自己申告によるアウトカム・データから明らかになった。痛風の治療にあたり、発作時の痛みだけを重視しがちな現場の医師にとって、興味深い結果となった。米Wasatch Health OutcomesのJane T. Osterhaus氏(写真)らが、11月12日、ACR Impact of Arthritis Conferenceのポスター・ディスカッション・セッションで発表した。

 Osterhaus氏らは、痛風に関する2つの治験の被験者1823人に対し、基本データとして、痛風がふだんの生活に与える影響についての自己申告データを集め分析した。質問項目は、1.睡眠や気分、生活を楽しむことができるか、などといった、基本的な生活の満足度に関するもの、2.生産性、3.痛みとその程度、4.発作への不安など痛風への心配に関するもの――の4分野、合わせて16項目にわたった。各質問項目は5段階評価し、これをもとに各分野について0から100のスコアで集計した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3