2005.11.14

【AHA2005速報】急性心筋梗塞のカテーテルによる冠動脈形成術、75歳以上の高齢症例で90%以上の成功率

 75歳以上の急性心筋梗塞症例に対するカテーテルによる冠動脈形成術(primary PCI)が、90%以上の成功率を挙げていることが報告された。高齢の急性心筋梗塞症例には血栓溶解治療が主流の米国にあって、この成績は驚きをもって受け止められたようだ。小倉記念病院の酒井孝裕氏(写真)らが11月13日、セッション「AMI-PCI and Outcomes」で発表した。

 AMI患者の治療が進歩しているにもかかわらず、高齢者の場合は若い人より依然として死亡率が高いままだ。研究グループは、高齢患者に対する治療法を再評価するために、1998年1月から2002年12月まで、自院でAMIのカテーテルによる冠動脈形成術を受けた1088例を検討した。対象のうち75歳以上の高齢者群(O群)は309例で、平均年齢が80.7±4.8歳(75〜102歳)。75歳未満の若年群(Y群)は778例で、平均年齢が61.9±9.0歳(27〜74歳)だった(1例は転院のため対象外)。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47