2005.11.14

【ACR2005速報】SLE免疫寛容誘導モデルマウスから取り出した樹状細胞が別のマウスに免疫寛容を誘導

 米国Northwestern大学のHee-Kap Kang氏(写真)は、特定のペプチドを投与して免疫寛容を誘導した全身性エリテマトーデス(SLE)モデルマウスから取り出した樹状細胞を、別のマウスに移植すると、そのマウスにも免疫寛容が誘導できることを見出した。SLEの樹状細胞療法につながる成果で、11月13日に開催された米国リウマチ学会のACR Basic Research Conference「Session III:Dendric Cells and Immunological Tolerance」で発表された。

 Kang氏らはSLEのモデルマウスであるSNF1マウスに、ヒストンたんぱく質の1つであるH4の部分ペプチド(71−94)の0.36nMを皮下に移植すると免疫寛容を誘導できることを見出していた。そこで、免疫寛容を誘導したマウスから樹状細胞とB細胞を取り出し、別の免疫寛容を誘導していないSNF1マウスに6週間で3回、それぞれ移植する実験を行った。対照群にはPBSを接種したSNF1マウスから取り出した樹状細胞、もしくはB細胞をSNF1マウスに移植したものを利用した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47