2005.11.14

【ACR2005速報】SLE免疫寛容誘導モデルマウスから取り出した樹状細胞が別のマウスに免疫寛容を誘導

 米国Northwestern大学のHee-Kap Kang氏(写真)は、特定のペプチドを投与して免疫寛容を誘導した全身性エリテマトーデス(SLE)モデルマウスから取り出した樹状細胞を、別のマウスに移植すると、そのマウスにも免疫寛容が誘導できることを見出した。SLEの樹状細胞療法につながる成果で、11月13日に開催された米国リウマチ学会のACR Basic Research Conference「Session III:Dendric Cells and Immunological Tolerance」で発表された。

 Kang氏らはSLEのモデルマウスであるSNF1マウスに、ヒストンたんぱく質の1つであるH4の部分ペプチド(71−94)の0.36nMを皮下に移植すると免疫寛容を誘導できることを見出していた。そこで、免疫寛容を誘導したマウスから樹状細胞とB細胞を取り出し、別の免疫寛容を誘導していないSNF1マウスに6週間で3回、それぞれ移植する実験を行った。対照群にはPBSを接種したSNF1マウスから取り出した樹状細胞、もしくはB細胞をSNF1マウスに移植したものを利用した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:67
  3. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:32
  4. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:51
  5. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  6. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:25
  7. 抗RSV抗体の投与回数制限で救えない命がある 倉敷中央病院総合周産期母子医療センター主任部長の渡部晋一氏に聞く FBシェア数:35
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:74
  9. ワクチン接種って本当に必要ですか? 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:239
  10. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正