2005.11.14

【ACR2005速報】SLE免疫寛容誘導モデルマウスから取り出した樹状細胞が別のマウスに免疫寛容を誘導

 米国Northwestern大学のHee-Kap Kang氏(写真)は、特定のペプチドを投与して免疫寛容を誘導した全身性エリテマトーデス(SLE)モデルマウスから取り出した樹状細胞を、別のマウスに移植すると、そのマウスにも免疫寛容が誘導できることを見出した。SLEの樹状細胞療法につながる成果で、11月13日に開催された米国リウマチ学会のACR Basic Research Conference「Session III:Dendric Cells and Immunological Tolerance」で発表された。

 Kang氏らはSLEのモデルマウスであるSNF1マウスに、ヒストンたんぱく質の1つであるH4の部分ペプチド(71−94)の0.36nMを皮下に移植すると免疫寛容を誘導できることを見出していた。そこで、免疫寛容を誘導したマウスから樹状細胞とB細胞を取り出し、別の免疫寛容を誘導していないSNF1マウスに6週間で3回、それぞれ移植する実験を行った。対照群にはPBSを接種したSNF1マウスから取り出した樹状細胞、もしくはB細胞をSNF1マウスに移植したものを利用した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16