2005.11.14

【AHA2005速報】PCIを受けた85歳以上の症例、その臨床像の一端が明らかに

 85歳以上の高齢者に対するPCI(経皮的冠動脈インターベンション)の実施例は増えているが、膨大なデータベースの分析から、狭心症の重症度が重い、高血圧の割合が高い、などの臨床像が浮かび上がった。Emory大学のEmir Veledar氏(写真)が11月13日、セッション「Age and Gender: Health Policy and Outcomes Research」で発表した。

 研究グループは、85歳以上の高齢者でPCIを受けた症例の臨床上の特徴と治療成果を明らかにするため分析を行った。対象は、米国心臓病学会のACC-米国心血管データレジストリー(ACC-NCDR)に登録されたPCI症例で、2001年1月から2004年9月までに登録された症例の計2万1334例を評価した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  2. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:46
  5. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  6. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:81
  7. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  8. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:80
  9. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:54
  10. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正