2005.11.14

【AHA2005速報】PCIを受けた85歳以上の症例、その臨床像の一端が明らかに

 85歳以上の高齢者に対するPCI(経皮的冠動脈インターベンション)の実施例は増えているが、膨大なデータベースの分析から、狭心症の重症度が重い、高血圧の割合が高い、などの臨床像が浮かび上がった。Emory大学のEmir Veledar氏(写真)が11月13日、セッション「Age and Gender: Health Policy and Outcomes Research」で発表した。

 研究グループは、85歳以上の高齢者でPCIを受けた症例の臨床上の特徴と治療成果を明らかにするため分析を行った。対象は、米国心臓病学会のACC-米国心血管データレジストリー(ACC-NCDR)に登録されたPCI症例で、2001年1月から2004年9月までに登録された症例の計2万1334例を評価した。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48