2005.11.11

【米国消化器病学会速報】ガムを噛むと手術後の腸の回復が早くなる

 大腸の手術後、長引くイレウス症状は、入院を長引かせる大きな要因となる。米国では、術後のイレウスのため、1年間に10億ドルもの費用が使われているという。

 この問題が、患者にチューインガムを噛んでもらうことで軽減できるかもしれない、との発表があった。ホノルルで開催された第70回米国消化器病学会のポスターセッションで、米国・テンプル大学のRobert Garvin氏が発表した。

 研究は3つの医療機関が参加して行われた。対象となったのは、大腸切除術を受けた54人の患者(男性28人、女性26人、平均年齢63.6歳)。腹腔鏡下手術を受けた29人と開腹手術を受けた25人に分け、それぞれの群でガムを噛んだ群と何も噛まない群を比較した。

 その結果、開腹手術を受けた25人では両群に差はほとんどなかったものの、腹腔鏡下手術を受けた29人では、何も噛まない群(10人)の入院期間が6.3日だったのに対し、ガムを噛んだ群(19人)では4.3日に短縮する効果があった(p<0.05)。さらに、腸の活動もガムを噛んだ群の方が活発だった(p<0.05)。

 Garvin氏は、「ガムを噛むことで腸の機能が早期に回復し、入院期間を短縮することができた。ガムは術後のイレウスに対し、安価でしかも安全な対策だ」と強調していた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176