2005.11.11

【米国消化器病学会速報】ガムを噛むと手術後の腸の回復が早くなる

 大腸の手術後、長引くイレウス症状は、入院を長引かせる大きな要因となる。米国では、術後のイレウスのため、1年間に10億ドルもの費用が使われているという。

 この問題が、患者にチューインガムを噛んでもらうことで軽減できるかもしれない、との発表があった。ホノルルで開催された第70回米国消化器病学会のポスターセッションで、米国・テンプル大学のRobert Garvin氏が発表した。

 研究は3つの医療機関が参加して行われた。対象となったのは、大腸切除術を受けた54人の患者(男性28人、女性26人、平均年齢63.6歳)。腹腔鏡下手術を受けた29人と開腹手術を受けた25人に分け、それぞれの群でガムを噛んだ群と何も噛まない群を比較した。

 その結果、開腹手術を受けた25人では両群に差はほとんどなかったものの、腹腔鏡下手術を受けた29人では、何も噛まない群(10人)の入院期間が6.3日だったのに対し、ガムを噛んだ群(19人)では4.3日に短縮する効果があった(p<0.05)。さらに、腸の活動もガムを噛んだ群の方が活発だった(p<0.05)。

 Garvin氏は、「ガムを噛むことで腸の機能が早期に回復し、入院期間を短縮することができた。ガムは術後のイレウスに対し、安価でしかも安全な対策だ」と強調していた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22