2005.11.10

島津製作所がノロウイルス遺伝子を糞便中から直接増幅・検出できる試薬キットを世界で初めて開発

 島津製作所は11月9日、ウイルス性胃腸炎の主要原因ウイルスであるノロウイルスの遺伝子を、RNAを精製することなしに糞便から直接検出できる試薬キットの開発に世界で初めて成功したと発表した。成果の詳細は11月10日から金沢市で開催されている日本食品微生物学会で発表される。

 ノロウイルスは培養できないため、検体から直接検出することが必要。特に遺伝子増幅法による検出は、確実性の点で優れている。しかし、糞便由来の物質によるRNAの切断や増幅反応の阻害を防ぐために、従来は、ノロウイルスのRNA遺伝子を増幅する前に、糞便からノロウイルスを分離し、RNAを抽出・精製する必要があった。

 島津製作所は、自社で見出した遺伝子増幅反応を阻害する生体由来物質の働きを抑える物質群を利用して、動植物由来のさまざまな試料から、DNAを精製せずに、直接、DNA増幅ができるキットである「Ampdirect Plus」を10月6日に発売していた。このキットで利用している技術に、新たに開発したRNA分解酵素の失活とウイルスからのRNA抽出を同時に行える糞便処理液を組み合わせることで、糞便から直接、ウイルスRNA遺伝子を増幅して検出できる方法の開発に成功したものだ。今後、開発した技術に基づく試薬キットの商品化を進め、2006年春頃に発売する計画だという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 摘便希望で救急搬送!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  2. 慢性便秘症の治療薬、使い分けのポイントは? トレンド◎国内初の慢性便秘症診療ガイドラインが登場 FBシェア数:18
  3. 同時改定で狙い撃ちされる「高齢者住宅併設型」 記者の眼 FBシェア数:33
  4. 変な紅斑に潜む「危ない紅斑」の見分け方 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:4
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:174
  6. インフルエンザ、流行期入りの自治体が出始める インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:300
  7. 29年後に肺内転移した癌 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:29
  8. 腰椎穿刺ではベッドと脊椎の平行をキープ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:0
  9. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:505
  10. 他人がウマイ儲け話を教えてくれるはずがない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:37