2005.11.09

カーボンナノホーンへの抗がん剤内包に成功、新しい抗がん剤のDDSになる可能性

 日本電気(NEC)、科学技術振興機構(JST)と財団法人癌研究会癌研究所は11月9日、新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)であるカーボンナノホーンに抗がん剤シスプラチンを内包させることに成功したと発表した。内包化されたシスプラチンがナノホーンから放出され、がん細胞を傷害できることを細胞実験で確認した。

 カーボンナノホーンは、ダイヤモンド・非晶質・グラファイト・フラーレンに次ぐ5番目の炭素材料であるカーボンナノチューブの一種。直径は2〜5nm、長さ40nmから50nmで不規則な形状を持つ。数百本寄り集まって直径100nm程度の球形集合体を形成している。癌細胞には100nm程度のサイズの物質を取り込みやすいという特徴があることから、カーボンナノホーン集合体は悪性腫瘍に特異的に蓄積される可能性が高く、今後、抗がん剤のDDSへの応用が期待できそうだ。

 研究グループは、カーボンナノホーンにあけた孔を通して、シスプラチンをナノホーンの中に入れた。ナノホーンの10%程度の重量のシスプラチンが内包され、シスプラチンは分子構造を維持して2nm程度のクラスターを形成していることを電子顕微鏡観察などで確認した。また、がん細胞を培養している容器にシスプラチン内包ナノホーンを入れると、シスプラチンが培養液中でナノホーンから徐々に放出され、癌細胞を死滅させることも確認した。 

 カーボンナノホーンは2004年に抗炎症薬デキサメタゾンを担持できることが分かり、DDSへの応用が期待され始めていた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27