2005.11.09

カーボンナノホーンへの抗がん剤内包に成功、新しい抗がん剤のDDSになる可能性

 日本電気(NEC)、科学技術振興機構(JST)と財団法人癌研究会癌研究所は11月9日、新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)であるカーボンナノホーンに抗がん剤シスプラチンを内包させることに成功したと発表した。内包化されたシスプラチンがナノホーンから放出され、がん細胞を傷害できることを細胞実験で確認した。

 カーボンナノホーンは、ダイヤモンド・非晶質・グラファイト・フラーレンに次ぐ5番目の炭素材料であるカーボンナノチューブの一種。直径は2〜5nm、長さ40nmから50nmで不規則な形状を持つ。数百本寄り集まって直径100nm程度の球形集合体を形成している。癌細胞には100nm程度のサイズの物質を取り込みやすいという特徴があることから、カーボンナノホーン集合体は悪性腫瘍に特異的に蓄積される可能性が高く、今後、抗がん剤のDDSへの応用が期待できそうだ。

 研究グループは、カーボンナノホーンにあけた孔を通して、シスプラチンをナノホーンの中に入れた。ナノホーンの10%程度の重量のシスプラチンが内包され、シスプラチンは分子構造を維持して2nm程度のクラスターを形成していることを電子顕微鏡観察などで確認した。また、がん細胞を培養している容器にシスプラチン内包ナノホーンを入れると、シスプラチンが培養液中でナノホーンから徐々に放出され、癌細胞を死滅させることも確認した。 

 カーボンナノホーンは2004年に抗炎症薬デキサメタゾンを担持できることが分かり、DDSへの応用が期待され始めていた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217