2005.11.09

カーボンナノホーンへの抗がん剤内包に成功、新しい抗がん剤のDDSになる可能性

 日本電気(NEC)、科学技術振興機構(JST)と財団法人癌研究会癌研究所は11月9日、新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)であるカーボンナノホーンに抗がん剤シスプラチンを内包させることに成功したと発表した。内包化されたシスプラチンがナノホーンから放出され、がん細胞を傷害できることを細胞実験で確認した。

 カーボンナノホーンは、ダイヤモンド・非晶質・グラファイト・フラーレンに次ぐ5番目の炭素材料であるカーボンナノチューブの一種。直径は2〜5nm、長さ40nmから50nmで不規則な形状を持つ。数百本寄り集まって直径100nm程度の球形集合体を形成している。癌細胞には100nm程度のサイズの物質を取り込みやすいという特徴があることから、カーボンナノホーン集合体は悪性腫瘍に特異的に蓄積される可能性が高く、今後、抗がん剤のDDSへの応用が期待できそうだ。

 研究グループは、カーボンナノホーンにあけた孔を通して、シスプラチンをナノホーンの中に入れた。ナノホーンの10%程度の重量のシスプラチンが内包され、シスプラチンは分子構造を維持して2nm程度のクラスターを形成していることを電子顕微鏡観察などで確認した。また、がん細胞を培養している容器にシスプラチン内包ナノホーンを入れると、シスプラチンが培養液中でナノホーンから徐々に放出され、癌細胞を死滅させることも確認した。 

 カーボンナノホーンは2004年に抗炎症薬デキサメタゾンを担持できることが分かり、DDSへの応用が期待され始めていた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051