2005.11.08

アステラス製薬が米社から新規抗生物質テラバンシンを導入

 アステラス製薬は、11月8日、米テラバンス社から同社が開発中の抗生物質テラバンシン(注射剤)に関する、日本を除く全世界で独占的に開発、製造、販売権を獲得したと発表した。日本における権利についても今後、検討していくという。

 テラバンシンは、脂質化グリコペプチド系抗生物質。細菌の細胞壁合成を阻害するとともに細胞膜透過性の増大作用を併せ持ち、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を含むグラム陽性菌による感染症治療の新選択肢になる可能性がある。テラバンシンは現在米国で、グラム陽性菌に起因する複雑性皮膚・軟部組織感染症と院内肺炎の両疾患を対象にフェーズ3臨床試験が行われている。

 また、アステラス製薬は、今回の契約で、テラバンス社の新規抗生物質TD-1792(注射剤)の日本を除く全世界での開発・販売に関するオプション権も獲得した。TD-1792は、グリコペプチド系とβラクタム系の両方の抗菌活性を1つの分子に持つ化合物。

 ライセンス契約の金銭面の条件の詳細は明らかにされていないが、アステラス製薬は総額で2億2100万ドルの一時金を支払うとともに、製品の販売に応じてロイヤルティーを支払うことになる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5