2005.11.08

早期中止された臨床試験の解釈は慎重に、成績が過大評価される場合あり――系統的レビューで判明

 明白な利益が示され、予定より早く中止された無作為割付比較対照試験(RCT)は、しばしば大きな注目を集め、臨床現場にも影響を与える。しかし、RCTが早期中止される頻度や、早期中止の妥当性、得られる結果の信用性などは、ほとんど評価されていない。カナダMcMaster大学のVictor M. Montori氏らは、早期中止されたRCTに関する論文の質を評価する系統的レビューを実施した。対象となった143件のうち、重要な4条件をすべて満たしていたのは8件のみだった。詳細は、Journal of American Medical Association(JAMA)誌2005年11月1日号に報告された。

 著者たちは、2004年11月までに文献データベースに登録された論文の中から、早期中止されたRCTに関する報告143件を選び、介入のタイプ、エンドポイント、治療効果、追跡期間、予定された被験者数、実際に対象となった被験者数、早期中止におけるデータ・安全性監視委員会(DSMB)の役割など12項目について検討した。さらに、方法論的な質を示す記述や、資金調達に関する報告についても調べた。

 143件のうち6割以上の92件が、影響力の大きい5誌(Lancet、NEJM、JAMA、Annals of Internal Medicine、BMJ)に報告されていた。特に、業界から資金を得た、心臓病、がん、HIV感染およびエイズに対する治療薬の臨床試験の場合に、その傾向は強かった。5誌に報告されたRCTの中に占める早期中止RCTの割合は、1990〜1994年には0.5%だったが2000〜2004年には1.2%に増加していた(傾向のp値<0.001)。

 全RCTの平均では、当初予定されていた被験者数(平均400人、四分位範囲148-1100)の63%が登録され、13カ月間(四分位範囲3-25)追跡、中間解析1回、早期中止に至ったエンドポイントを経験(イベント)した患者が66人(四分位範囲23-195)になった時点で、試験は中止されていた。99件(69%)でデータ・安全性監視委員会が存在し、85件でDSMBが試験中止を勧告していた。

 中間解析の予定回数が記載されていたのは91件(64%)。33件が1回、25件が2回、それ以上は31件、2件は予定なしだった。55件は初回の解析後、29件は2回目の後、19件は3回以上の中間解析の後に試験を中止していた。約3分の1に相当する48件で、試験監視のための統計学的アプローチの適用がなかったか、それに関する記述がなかった。

 方法論的に重要な4条件、すなわち、予定されていた被験者数、早期中止のきっかけとなった中間解析の説明、早期中止の決断に用いたルール、効果に関する調整済み推定値のすべてを記述していた報告は8件のみだった。

 67件が効果の推定値を報告していた。著者たちが、アウトカムが二分変数だった126件についてリスク比を算出したところ、0.53(四分位範囲0.28-0.66)となった。発生したイベントの件数が少ない試験ほど、推定された治療効果は大きく、少ないイベント数と、効果の過大評価の間には、非常に強い関係が見いだされた(オッズ比28、95%信頼区間11-73)。

 明白な利益が示されたとして、臨床試験が早期に中止される頻度は増加している。早期中止は、新薬の早期承認と流通のきっかけになる可能性がある。が、そうしたRCTsに関する報告はしばしば、必要な情報を適切に記述していないうえ、特にイベント数が少ない場合に、効果が過大評価されていることが明らかになった。著者たちは、データ解釈は懐疑的な視点からに行うべきで、それにより、臨床現場の混乱を最小限に抑えねばならないと述べている。

 本論文の原題は「Randomized Trials Stopped Early for Benefit」。アブストラクトはJAMA誌Webサイトのこちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132