2005.11.04

【米国消化器病学会から】番外編:ポスターセッションはランチを食べながら

 ホノルルで開催されている第70回米国消化器病学会では10月31日と11月1日の2日間、昼食時間に合わせてポスターセッションが組まれた。この時間には、他の会場での演題はなく、連日300件近い演題が掲示されているものの、ゆっくり会場内を見て回ることができる。

 ポスター会場となっているホールには、サンドイッチや弁当、ジュースなどを売っているコーナーがあり、数カ所にテーブルと椅子が置かれている。テーブルに着いたまま、ポスター討論ができるようにという趣向だ。

 日本の学会のように、マイクを持って演題を発表する時間が決まっているわけではないので、「メッセージがあればどうぞ」という封筒が残っている演題もあれば、ポスターの前で弁当をかき込む発表者も。

 色とりどりのレイを首からかけ、ヤシの実ジュースを片手に、ポスターを指差しながら議論が進む光景もホノルルならではだ。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176