2005.11.04

FDAがT-ALLとT-LBLの治療薬を迅速承認

 米国食品医薬品局(FDA)は10月31日、T細胞急性リンパ芽球性白血病(T-ALL)とT細胞リンパ芽球性リンパ腫(T-LBL)の治療薬として、Arranon (一般名:nelarabine)に対し、通常よりも速い迅速承認を行った。Arranonは、最低2回の化学療法レジメンに対して無反応か、またはその後再発したT-ALLやT-LBLの子どもと成人が対象となる。

 Arranonには、 がん細胞の複製を阻害する働きがあるという。治験は、再発または無反応性のT-ALLやT-LBLを持つ子どもと成人を対象にそれぞれ行った。その結果、39人の小児患者のうち23%で、3.3〜9.3週間、がんを完全に消滅させることができた。また28人の成人患者のうち21%で、4〜195週間、がんを完全消滅できたという。

 なお、米国では毎年約1600人が、新たにT-ALLまたはT-LBLの診断を受けるという。そのうち、約500人が再発または無反応性のT-ALLまたはT-LBLに罹患する。その中で約200人は子どもだという。

 Arranonは、米国で患者数が20万人未満の疾患を対象とした稀少疾患薬としての適用を受け、承認後7年間、米国での独占販売が認められた。

 Arranonの販売元は、米GlaxoSmithKline (GSK)社。詳しくは、FDAのニュースリリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172