2005.11.02

Health & Beauty Mail Magazine vol.189 2005,11,02

======================================================================
『日経ヘルス』メールマガジンをお届けします!!
======================================================================

 『日経ヘルス』のぞき見隊・隊長(自称)の竹島ぽてちです。
 今月のお仕事は楽しかったわん! だって、私の担当は「雑穀入りお菓子」と「ずんだスイーツ(枝豆のあんこ)」。編集部で堂々とお腹いっぱいおやつが食べられる日々。
 「ちょっと、ダイエットはどうしたの?」というツッコミには「これも取材のうちだもーん」とキッパリ!
 甘党の人もそうでない人も、情報満載の12月号を楽しんでね!
 遺伝子型の佐藤芹香さん×5秒ストレッチの饗庭秀直さん、美肌の佐伯チズさん×ヨガの龍村修さん。こんな豪華コラボが読めるのは、今月の「日ヘル」だけ!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
  日経ヘルス2005年12月号、本日発売(一部地域では異なります)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

★ ☆ ★ Contents ★ ☆ ★

■1■ 「日経ヘルス」12月号はここに注目!
2つの“競演”特集を含む4特集+2スペシャル!

■2■ 体張って書いてます 語りましょう! 取材の裏側じっくりと
ウェディングドレスが似合う体形目指し、遺伝子型ストレッチ!

■3■ 編集部観察日記 「日ヘル」はこんなヤツラが作っている!
味にうるさい女たち登場!の巻

■4■ 「日ヘル」ミシュラン 今月号掲載の「アレ」を試食
私の皮膚は“味オンチ”? の巻

■5■ あなたの投稿大募集 「日ヘル読者クラブ」
今月は「厄年に起きたこんな悲劇・喜劇」ほか

■6■ 編集後記

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■1■ 「日経ヘルス」12月号はここに注目!

今月の表紙はこの人→黒木瞳さん
http://medical.nikkeibp.co.jp/health/2005/11back/hito.html

インターネットで今すぐ読める! 表紙の“生”撮影現場
http://medical.nikkeibp.co.jp/health/2005/11back/rupo.html


◆◆充実の4大特集◆◆

☆競演特集1】
遺伝子型・佐藤芹香さん×5秒ストレッチ・饗庭秀直さん
遺伝子型別で最適な引き締め運動がわかる
「遺伝子型」エクササイズ
たった2週間で悩みの太もも4cm減!

☆競演特集2】
美肌の佐伯チズさん×ヨガの龍村修さん
佐伯メソッドとヨガ呼吸でみるみる肌が潤う!
肌トラブルが解消する「美肌呼吸法」
佐伯式パック+片鼻呼吸法でくすみが消えた!

☆女性の不調にクスリより効く「アロマ」
冷え、凝り、不眠、イライラに即効!
医師も続々参入(医療機関リスト付)

☆とっておき薬膳茶
冬の不調から女性を守る「薬膳茶」プログラム
カゼ、便秘、ストレスetc.不調を解消するレシピ


◆◆こちらも見逃せない今月のスペシャル◆◆

☆最強の解毒スープ「みそ汁」
肝機能を高め、毒素をつかまえる
野菜やきのこをたっぷり入れよう

☆元祖解毒サプリ ウコンのすごいパワー
肝臓を元気にするウコン
ダイエットに効くガジュツ


◆◆今月はこれ↓も気になる◆◆

☆HOT TREND
この冬大ブームのきざし
「ゲルマニウム入浴剤」

☆香りだけでも効果
ウイスキーでリラックス

☆女性の不調は温めて治す
腰を温めたら肩凝り、便秘も解消


▼▼▼書店にないときはこちらから! 本誌12月号を購入するには▼▼▼
https://bpstore.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/user/shoppingbag.pl?bookCode=099840109300

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■2■ 日経ヘルス記事体験記 体張って書いてます!

ウェディングドレスが似合う体形目指し、遺伝子型ストレッチ!
報告:Hさん(27歳 女性)

 来年1月に、7年来の相方との挙式が決まりました。パチパチパチ。
 それで、9月末に初めてドレスを試着しに行ったのですが、鏡を見て愕然。
 豊満なウエスト、ぽっこりの下腹、丸太のような太もも。。
 よって、マーメイドラインのドレスが似合わない!! すその広がったAラインでも、ちょっと、お腹がつらい……。というか、見苦しい。
 ドレスを着ると、みんなシンデレラみたいにキレイに変身できると勝手に想像していたんですけど、違ったんですね。

 これは、がっちりした矯正下着を特注せねばと思っていた矢先に、『日経ヘルス』のKデスクから「遺伝子型エクササイズ」のお話が振ってきました。
 これはラッキー!

 遺伝子型ダイエットは、肥満にかかわる遺伝子を調べて、自分に合ったダイエットのやり方を判定する、未来志向のダイエット。多くの日本人は「リンゴ型」「洋ナシ型」「バナナ型」の遺伝子のどれかを持っているそうです。
 で、どれを持っているかで、「何を食べたら太るか」「どんなダイエット法が効くのか」はもちろん、「体のどこが太りやすいか」とか、はては「どんな性格か」なんてことまで予想できるのだそうです。
 逆に、太っている場所や、好きな食べ物から、自分の遺伝子のタイプ(遺伝子型)がだいたい判断できるとのこと。

 自分はおおざっぱな性格で、ほっぺたでたこ焼きを作れるし、おそらくリンゴ型だろうと予想してました。
 ところが、遺伝子検査の結果を聞いてビックリ。実は洋ナシ型!全身ぶくぶくに隠れて気づかなかっただけの「下半身デブ」だったのでした。
(※ヘルス編集部注:おおざっぱな性格で、ほっぺのたこ焼きがしっかりできるのは、むしろ洋ナシ型の特徴です!)

 今までの自己流ダイエットでは、炭水化物を控え、豚肉や鶏肉、野菜をゆでたものなどを主食にしていたのですが、洋ナシとなると話は全く逆。炭水化物は食べてよかったのですね。
 そして、避けるべきは炒め物(=油)だったと。
 これまでダイエット中だからと我慢したパン、さぬきうどんなど、我慢する必要は(思ったほどは)無かったとは〜! ショック。
 人生には、知らないと損する気持ちになることが多いですねえ。

 そして、今回のメインはエクササイズ。
 洋ナシ型用に開発されたという、相撲のしこに似たポーズなど一連のストレッチ系体操を教えてもらい、2週間続けてみました。
 毎朝、起床してヤカンを弱火にかけ、その間にストレッチ。
 体操が一巡するころにはお湯が沸いて、ほっと一息コーヒーブレイク。
 短時間に効率よくできるのがこの体操の利点ですね。会社でもトイレでこっそりやってました。

 開始後3日目あたりに、足の太もものあたりが筋肉痛気味になりました。
 普段いかに使っていない筋肉だったかということがよ〜くわかりました。
 そして、心持ち体が柔らかくなった気もします。
 苦手な前屈も、ちょっと前に倒せるように。
 さらに、猫背気味だったのが「ピシッ」と背筋が伸びるようになりました。

 期間中、避けられない飲み会が3件ほどあったのですが、油モノ(から揚げや炒めもの)は徹底的に避けまくり、野菜でまずはお腹を満たし、酒も基本はお湯割り、もしくはウーロンハイ。

 そんな努力のかいもあってか、結果的には見事に体重を減らすことができました。わーい!
 目標どおりウエストも引き締まったし、体脂肪はなんと20%を切りましたし、何より、洋ナシ体形の象徴である太ももが、4cmも縮んだ!!!これは想定外! バンザーイ!!
 11月にドレスを決定、採寸しに行くのですが、本当に楽しみ♪
 待ってろよ、マーメイドドレス! 今度こそ着こなしてやるー!

☆詳しくは 本誌12月号  P.16
「遺伝子型エクササイズ」をご覧ください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
  楽しく遊んで、“脳”力アップしませんか。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
いまや、子供から大人まで、“脳”力アップが大ブーム。
そこで、日経ヘルスが独自のアイデアと専門家の協力を得て、
完全オリジナルのパズルとゲームを開発しました。
お子さまのクリスマス・プレゼントにも最適!

http://life.nikkeibp.co.jp/life/brp/

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■3■ 編集部観察日記 「日ヘル」はこんなヤツラが作っている!

味にうるさい女たち登場! の巻

 ここのところ、立て続けに強力メンバーが配属された「日ヘル」編集部。しかも2人とも、外食産業の専門雑誌「日経レストラン」からやってきた“食”のエキスパートたちなのだ。
 これから日ヘルも、どんどん“おいしい方向”へ進んでいくに違いない。

 まず最初に来たのはマダムHことH記者だ。
 その第一印象「ええっ、こんなに上品でまともそうな人が、この変人魔窟の日ヘル編集部で“もつ”んだろうか?」だった。
 ところがH記者、ものすごい“しっかり者”で、変幻自在。その日のお仕事予定に合わせてキャラも変る。
 編集長曰く「おお、昨日はチムチムチェリー(カジュアルといいたい)だったけど、今日は有閑マダム(フェミニンなややフォーマルといいたい)だなぁ」という感じである。
 夜中にいった指令と翌朝の指令が全然違ってそのたびに担当スタッフが振り回されることの多い編集長対策も「前回は○○とおっしゃっていましたが、△△に変えてよろしいんですね」などと、完璧。
 校正のO親分も「1カ月で猛獣遣いの術をマスターするとは、かしこい人だ…」と感心しきりだ。

 さてもう1人、「日経レストラン」からやってきた“伝説の女”がNデスクだ。フレンチシェフ修業の経験もあるというこの方はかなりの酒豪。宴会で隣に座ると「必ずつぶれる」と恐れられている。口癖は「私がつぶしたんじゃないのよぉ」だとか。
 そんな酒席では「最近呑めなくなったのよぉ」と言いつつ、かならず、“専用一升瓶”をオーダーするという。そんな調子で金曜日に深酒しても、土曜日には欠かさずパイプオルガンのレッスンに通っている。
 「二日酔いで聞くパイプオルガンの音って神秘的♪」だそうな。

 もちろんNデスクと同じ編集部にいたH記者は、その“伝説”に誰よりもくわしい。
 「メルマガのネタにするからいろいろおせ〜て」といったら、「Nさんって、あの安くて有名な居酒屋“和民”で一度に4500円、サイゼリアでも4000円ぐらい食べるんですよ。豚肉はNGといいながら、イベリコ豚だけは食べるの」などなどなど、嬉々としてネタを提供してくれた。
 Hさんってこんな楽しいキャラだったのか、心配して損したよ。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■4■ 「日ヘル」ミシュラン 今月号掲載のアレ、試食してみましょー

「私の皮膚って味オンチ?」
話題のゲルマニウム入浴剤の巻

 今月の試食は何かなぁ? カノウさんの「野菜の蒸し煮」? それとも河合さんの「サツマ芋で作るタラモサラダ」? と、うっとりしている私にKデスクはいった。
 「今月は“辛さ6倍”に挑戦してもらうからさ」
 おっほっほ。自慢じゃないが、ワタクシ、辛いものには強うございましてよ。どこからでもかかってらっしゃい!

 ところが渡されたのはなぜか入浴剤じゃないですかぁ!
 今月は何も食えないのね(涙)

 簡単なメモと共に渡された入浴剤のパック、ちゃんと商品パッケージに入っているのが“普通”の辛さで、ビニール袋に入ったあやしい粉が“辛さ6倍”ね。
 じゃ、とりあえず“普通”から入ってみるか……とパックを開け、入浴剤を湯に。

 おわっ! これって“血の池地獄”?
 お湯が真っ赤で、足入れるのにずいぶん勇気がいるんですけど。

 とりあえず、ヒザまで入れてみた。「か、辛い!」。
 足全体、特に足指に確かなピリピリ感がある。ほんのちょっと入れていただけなのに、ヒザ下は真っ赤。まるでピンクのハイソックスをはいたみたいだ。これに全身入れるのは、とっても勇気がいるよう〜〜。
 入る前にちょっとお湯をなめてみた。ありゃ、舌で感じるほど辛くはないのね。「じゃあ」ってことで、ざぶんと肩まで入る。
 おおお、全身が辛いぞぉ。これで何分入ってるんだっけ? 担当Sさんごめんなさい。わたしゃ5分ぐらいでギブアップしたですだ。

 で、翌日。今度は問題の“6倍”だ。
 またまた湯船にできた血の池地獄に恐る恐る足を入れて……あれ? おかしいな。昨日よりマイルド? あんまりピリピリしない。これなら20分ぐらい入っていてもOKだわ。
 私がSさんのメモを読み違えていたに違いない。きっと昨日の入浴剤が“辛さ6倍”だったに違いないと、ゆっくりお風呂を堪能。
 ところが、これが間違っていなかった。風呂から出て“6倍”の実力がわかった。
 体がぽかぽかぽかぽかぽかぽか。もう「いいかげんにしろ!」というくらいぽかぽかが続くのだ。ベッドに入ったときも、布団が暑くてうっとおしいほど。寒い日なのに、首筋にうっすら汗までかいて……。

 でも、6倍は全然辛く感じなかったのはどうしてなんだろう。体が慣れちゃったってこと? ひょっとして私の皮膚は味オンチだってこと? 担当Sさん、教えてチョーだい!


ぽかぽか度       :★★★★
ヘルシー度       :★★★
来月は何か食わしてくれ度:★★★★

(★四つで満点)

くわしい効果については 12月号 P9
HOT TREND「この冬大ブームのきざし ゲルマニウム入浴剤」
のページをご覧ください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■5■ あなたの投稿大募集!

今月のお題●12月2日必着で〜す!

その1】
厄年に起きたこんな悲劇・喜劇
「花粉症が悪化して病院にいったら、手術しますといわれ2週間入院するハメに」「お祓いに行った神社の階段で転倒。おみくじは大凶。でもその年は病気・ケガ知らず」など、あなたが厄年に経験した悲劇・喜劇を教えてください。


その2】
即効! しゃっくりのとめ方
「コップの向こう側に唇をあてて、顔だけ逆立ち状態で水を飲む」「コップの水を10回ぐらいに分けて飲む」「時間を置いてから、ビックリさせてもらう」など、しゃっくりが止まるとっておきの方法を教えてください。

     ●●●●●

宛先:health@nikkeibp.co.jp(このメールに返信してください)
本文:ハンドル名(ペンネーム)をご記入下さい。
掲載に差し支えなければ、ご本名でも結構です。

●フリースタイル投稿も募集しています
宛先: health@nikkeibp.co.jp
・「日経ヘルス」本誌へのご感想は?
・これからどういった企画の記事を読みたいですか?
などなどご自由にご意見をお送り下さい。誌面作りの参考にさせていただきます。またこのメールマガジンに対するご意見ご希望ご感想も募集しています。

●送信していただいた投稿メールについて
(1)本誌、本メールマガジン、ホームページに掲載させていただくことがあります。
(2)掲載の際、文字数などの関係で文面に手を加えさせていただく場合があります。
(3)正確を期すため、メールにて投稿内容を確認させていただくことがあります。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■6■ 編集後記

 ヤバい季節がやってきました。お菓子メーカーが一斉に“冬チョコ”新発売! あーどれもこれもおいしいよぉ。というわけで、いつもよりさらに増量中の内臓脂肪。
 「どうしてくれよう」と思っていた矢先。埼玉スーパーアリーナの「クイーン&ポール・ロジャース」コンサートに行ってきました。
 きゃー!みんな50代なのに超カッコイイ! と、最初から最後までほとんど立ちっぱなしで踊っていたら、なんと体重が1キロ減りました!
 まあ、私の1キロは“誤差範囲”なんだけどね。
 なんだか肩こりも解消しちゃったみたい。恐るべしコンサート効果。
 これから1日1回はヘッド・バンギングしてみる?

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

日経ヘルスメールマガジン

●お申込み&登録解除
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/health/index.html

●バックナンバー
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/colm/

●お問い合わせはこちらまで。
health@nikkeibp.co.jp


毎月1回発行・登録無料
発行:西沢邦浩(日経ヘルス編集長)
編集:竹島ぽてち
協力:日経ヘルス編集部、同誌ライター
●本メールマガジンからの無断転載を禁じます。
Copyright(C)2005 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0