2005.11.02

感染症を対象にした初めてのRNAi医薬品が米国で治験申請

 米Alnylam Pharmaceuticals社は11月1日、RSウイルス感染症患者を対象に同社のRNA干渉(RNAi)医薬品であるALN-RSV01の治験申請を米食品医薬品局(FDA)に行ったと発表した。治験申請が認可されれば、Alnylam社は健康な成人ボランティアを対象にフェーズ1臨床試験を開始する計画だ。臨床試験が開始されれば、新しい核酸医薬品として注目を集めているRNAi医薬品の感染症を対象にした初めての臨床試験となる。また、Alnylam社のRNAi医薬品で臨床入りする初の製品になる。同社は欧州でもフェーズ1臨床試験の準備を進めている。

 RSウイルスは、主に冬季に乳幼児に重篤な細気管支炎、肺炎などの感染症を引き起こす原因となるウイルス。生後1年間に約70%の乳児が感染し、その30%が細気管支炎や肺炎などになるとされている。特に早産児や慢性呼吸器疾患を有する乳幼児で重症化する危険性が高いことが知られている。重症化する可能性が高い患者には抗体医薬品が現在使われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13